川崎

今日の旅行先は、川崎だった。確かに、川崎に住んでいるが。

先ず、川崎市市民ミュージアムに行き、写真の展覧会を見た。展覧会のテーマは、小池往氏という人が撮った川崎市の50年間の写真だった。風景の写真とか、人の写真とか、祭の写真などあった。50年前と比べたら、川崎市がすっかり変わったようだ。その時期に、今住んでいる北の方は畑や竹林だったようだが、今単なる住宅地になった。でも、相変わらずこともある。例えば、祭は今も行われる、背景がいかに変わっても。やはり、農家に相応しい祭が今ちょっと合わないように感じるが。

そして、ミュージアムは等々力緑地という市立公園のなかに位置されているので、公園も楽しんだ。自然というより、スポーツ設備は多い。今日GWだから、学校のスポーツ大会は多かった。どこに歩いても、若者の叫び声が聞こえた。静かではなかったが、なんか気持ちよかった。

そして、家の近くあるお寺にいった。お寺は、等覚院というお寺だが、「ツツジ寺」と呼ばれている。お寺は緑に囲まれ、ツツジが大変綺麗だった。本当に「まだ川崎にいるか」のような感じだった。ツツジのピークがもう経ったようだったが、まだ美しかった。今日行って良かったね。

ところで、今日も昨日も天気が良かったね。旅行にぴったりだった。関東の地方には、休みを楽しんでいる人は多いはずだよね。

江ノ島

今日GWが始まったので、ゆり子も休めるようになった。嬉しい!

今日、江ノ島にの日帰り旅行をした。大変楽しかった。交通は小田急線で楽だったが、ちょっと送れたせいで、1時ごろ江ノ島に着いた。いうまでもない、スッゴク混んでいた。江ノ島までの弁天橋という橋はかなり混んでいたが、島に上陸し、神社までの商店街は歩き難いほど人混みが流れていた。

ゆり子が数日前に江ノ電(鎌倉と藤沢の間、江ノ島経由の私鉄)についてのガイドブックを書いたので、その本のなかで紹介されたレストランを探した。ちょっと自然のなか海沿いの道を通り、レストランまで辿った。もちろん、混んでいたが、眺めも食べ物もよかった。

食べてから、島の一周を続けた。最初、江ノ島神社の奥津宮にお参りした。雰囲気は良かったし、龍の神社もあったので、面白かった。そこから、階段を降り、岩屋洞窟に行った。階段は、崖を降りた階段だったので、いい眺めが見えた。海岸にも岩が多くて、感動的だった。洞窟自体は、ちょっとがっかりした。洞窟は素晴らしかったが、観光地の設備はやり過ぎたように感じた。中にいた間に、天井から石が落ち設備からがららんと落ちたもで、設備が必要なのを否定できないが、設備のせいで、洞窟の実現を味わえなかった。

それから、「地球が○く見える丘」という所に行った。本当だ。回りにはほとんど海だから、回ったら、地球が丸く見える。海も綺麗だった。江ノ島神社にはお宮が3箇所があるので、中津宮と辺津宮にもお参りした。神社の女神様の3柱は、もともと九州のほうからの神様だそうだ。基本てきには、貿易や交通安全と係わっている。が、江ノ島には、弁財天も鎮座されている。だから、縁結びや恋愛も大事になったようだ。その上、姫様と龍の恋愛的な伝説もあるようだ。(だから、龍の神社があるし、神社の紋は龍の鱗の形だそうだ。)

最後に、ゆり子は丸焼きたこせんべいという名物を食べたかったので、買うために並んだ。このせんべいには、小さいたこを十匹ぐらいをいれ、押し、焼いたものがある。美味しかったが、せんべいにはまだたこの足の形が見えた。

とても楽しい一日だった。

乳幼児教育

今朝、フジテレビのChoiceという番組で、乳幼児教育についての紹介があった。母親は、1歳未満の乳幼児を英語などの授業に行かせるという。これは、本当にいいのかなと思う。

先ず、効果があるか疑っている。1歳未満の乳幼児は、日本語さえできないので、英語を教えるのは無駄だろう。乳幼児は、成長した人間のような存在ではないので、教え方も違うはずだ。

そして、損害にならないかも疑っている。幼いころには、遊ぶのも大変重大だそうだ。遊びは、単なる遊びだけではなく、社会的な臨機応変を磨く為の経験だといわれている。学んだ内容は明らかではないが、人生のために必要不可欠だ。

一方、子供と一緒に遊んだり新しい環境に触れたりするのはいいと言われている。授業は、確かに、新しい環境だ。しかし、乳幼児には、乳幼児なりの経験をさせたほうがいいと思う。集中力はまだ弱いし、記憶力も大人、否、小学生のような力ではない。遊びのように見えるわざと構成された「授業」がいいかもしれないが、授業のように見えることを避けたほうがいいと思わないわけにはいかない。

大國魂神社

今日、天気がすごくいいので、引き籠るのはもったいないと思った。

今住んでいる所は、旧武蔵国の一部分だから、武蔵国の総社にお参りした。それは、大國魂神社という神社だ。やはり、境内は氏神様である白幡八幡大神の境内より圧倒的に広いし、末社も多い。ただいま、大國魂神社の例大祭の期間だから、あちこちには露店があり、灯篭などは障害を防ぐ柵に囲まれている。ちょっと落ち着けない状況だ。

そう言っても、例大祭は落ち着いていないはずだ。今日は休憩日のような感じだったが、金曜日には御神輿の渡御があるので、大変賑やかになるようだ。御神輿はもちろん、大きい太鼓もあるそうだ。

お参りしたときに、本殿を回り、後ろの樹木を見た。それはよかった。樹木と本殿の間の小道は静かで涼しくて気持ちよかった。