執筆の延引

今日、なぜか、なかなか書けなかった。集中力も失ったし、想像力も動かなかったので、今日読書の仕事にした。フリーライターの仕事の利点は、こういうふうにできることだ。一方、危ない場面も同じくこういうふうにできることだ。何日でもできるが、毎日すると仕事ができなくて給与をもらわない。だから、自己コントロールが必要となる。

電気会社の問題はまだ解決していない。会社の方の記録が足りないようで、3年前のことに相次いで誤解している。日本から解決するのは難しくなる恐れがある。そして、3回目。いやぁぁ、めんどくさいなぁと思わざるを得ない。

馬鹿な電力会社

今日イギリスの実家に私向けの電力請求書が届いたようだ。それだけで、結構変だよね。イギリスの電力を、この3年間ぐらい使わなかった、否、使えなかったのに。が、それ以上馬鹿だ、当該の電力会社から一切電力をもらったこともない。5、6年前、契約を結ぼうとしたのだが、会社が相次いで失敗したので、結局できなかった。だが、3年半前ごろ、請求書をもらった。長く電話で交渉してから、会社の失敗だと認めてもらった。それは最後だと思った。

しかし、2年前電力補給が始まるお知らせが届いた。それは、もう出たマンションへの補給だったので、当時にそこに住んでいる人が驚くはずだった。だから、もう一度メールをした、もう一度会社の間違いだと認めてもらった。そして、詫びメールで、二度とこちらから連絡がこないとの文章があった。

そう言ったくせに、今日イギリスにまた請求書が届いたなど、どういうことか。やはり、会社の整理力は非常に低そうだのは否めない。契約を結ばないほうがいいと言いたいが、幸いイギリスの会社だから、日本人には何も恐れはない。

また仕事か

火曜日になると、仕事になる。だから、今日編集も執筆もした。が、詳しく何もいえない。

ところで、先日トラックバックしようとした記事のトラックバックが今日向こうのブログで現れた。やはり、ここには問題はなかった。ただ、迷惑トラックバックでないのを確かめるために検討を待っていたようだ。それはいい、ミスはなかなか見付けられなかったから。