招待状の続き

昨日招待状の準備したが、必要な物はまだ無かったので今日また同じことした。切手を買って、封筒に貼った。こじんまりな結婚式なのに、結構時間がかかった。

イギリス人として、結婚用の切手は面白い。イギリスにはそういう物はないので、初めて見た時にはびっくりした。やはり、日本人は儀式好きだなと思った。勿論、特別の切手を買ったが、海外の友達が気づくかどうか分からない。気付かない可能性はかなり高いだろう。

ちなみに、昨日も言ったが、追加情報の文章を書くことが必要になったので、ゆり子が書いたが、後で私にチェックして貰いたいと言った。どうやって私が日本語をチェックするのだろう。見たら、ただ「正しいんじゃない」と思ってしまう。でも、一緒に招待状を作るのはいいので、文章にも協力したほうがいいのではないか。効果はないと思うが。