獅子舞

今日澤の屋で獅子舞を行ってもらった。澤さんの息子さんが獅子舞を習って、たまに客さんのために行うようだ。私が何回も澤の屋に泊まったことがあるが、獅子舞を見たことはなかった。が、今回イギリスの家族を連れていった時に、東京に来た理由を言った。だから、澤さんがわざわざ寿獅子舞を行ってくれた。幸い、夕方だったので、ゆり子も見に行けた。本当にありがたい気持ちだ。

獅子舞自体は大変面白かった。寝ている獅子の姿は可愛かったし、福を与える視聴者の髪を噛む獅子の姿は楽しかった。そして、噛んでから、人に鈴を吐き出した。他に人に紫色の紐があった鈴を吐き出したが、私には金と銀の亀があった鈴を吐き出した。私とゆり子の結婚を祝うために舞ったからだったらしい。澤の屋の客さんが多かったので、楽しんだ人も多かった。小さい子供が泣いてしまったが。

本当にありがとうございます、澤さん達。

(いうまでもないかもしれないが、東京に泊まる時に、澤の屋は私のお奨めだ。)

獅子舞は夕方の方だったが、その前に八芳園にいってきた。私は全然ウチアワセしなかった。ただ、家族が衣裳試着をして、着る着物を選んだ。思ったより早かったので、後でゆっくり庭を歩き回った。

明日、ちょっとのんびりできると思う。ちょっとだけだが、力を携えるために役に立つはずだ。