北川景子写真集 Dear Friends

昨日届いてきた本は北川景子写真集 Dear Friendsだ。タイトルから分かるはずだが、北川景子さんの写真集で、Dear Friendsという映画と関連する。昨日読んだというより見た。写真集で、文字は少ないので一時間以内読めた。漫画より速い。北川さんとのインタビューも載っているので、日本語の練習に少しなった。

評価を言う方法はなんだろう。美しい女性の写真は沢山載っているのは言うまでもないし、映画の設定からの写真も多いのも当り前だ。ビキニなどの写真はないが映画のキャラがセクシーな服装を着るのでああいう写真がある。さて、先ず映画と関連する写真の部分がある。帽子の代わりに携帯をかぶった北川さんの写真は面白い。そしてインタビューと「日常の景子」の写真の部分がある。デニムとセーター姿の北川さんだが、ブログなどによるとそれは毎日の姿だそうだ。インタビューによると、大学での同級生の男性が北川さんを異性として考えないそうだ。信じ難いと思うけれども。恋愛にならない理由は、むしろ北川さんのような美しくて有名な女優さんに対するナンパする勇気はないからだと推測する。男子大学生は、臆病だからね。私がよく覚える。

そしてまた写真が載って、最後に「private」という部分がある。そこで北川さんの部屋にある気に入るものの紹介とか質問の答えとか友達からのメッセージなどが載っている。ちょっと矛盾を抱えたところがあるが、インタビューで「目で演じられる俳優を尊敬する」と言ったが、質問で「男性の目を見る。目はうそをつけないから。」と言った。うそをつける俳優の目を憧れるのに。

私は写真集には詳しくないので、写真集として評判できないと思う。だが、私が楽しんで見た。満足だ。ファンの人達も満足に成るはずだと思う。写真集を見ると、女性のファンにアピールするつもりなのではないかと思う。セクシーな写真は少ない方だし、リアルな話を入れたからだ。友達同士のような雰囲気を作り出したといえるかな。男性を拒むわけはないが、女性は的かなと。

ところで、ブログへのリンクを作るためにまた北川さんのブログのフロントページを見た。土曜日に渋谷で舞台挨拶するようだが、私が買った前売券は舞台挨拶の映画館のためだ。朝の上映だから、実は行くのはむりではない。ただ、早く着くために早起きはちょっと辛い。行くかな。それとも家で寝坊するかな。ゆり子と一緒に行くのはも定められたので、行かないほうが確立が高いね。