Dear Friends

今日ゆり子と一緒に北川景子さんが主演するDear Friendsの映画を見に行ってきた。楽しかった。ぜひ映画を見に行ってください。

おおざぱに言うと、「悪い子が病気になって、価値観が変わって、友達の大切さを認めるようになる」というストーリーだ。映画館を見回ったら、男性が四人ぐらいいた。ゆり子と行ってよかったなと思ったが、嬉しいことに男子トイレは全然混まなかった。

さて、軌道に戻ろう。予告以上ストーリーについて詳しく言いたくないので、映画の雰囲気などについてちょっと書きたいと思う。主な的は若い女性だと思うが、ストーリーの繰り広げ方はかなりいい。北川さんが演じるリナの病気の発表に対する反応にはリアル感があると思ったし、友達の価値に気がつく経過も信じやすい。急にリナが「友達はいいな」と思うことではなく、無理矢理友達の片想いを抱える人に着き惑われて、
事情のせいでただ逃げることはできない状況下、どんどん友達に支えてもらっているように感じるようになった経過だった。確かに現実よりちょっと速く考え方が変わったような気がしたが、映画にはいつも時間がちょっと縮減されるので、どのぐらい時間が経ったかはっきり分からない。病気の進行を考えたら、少なくとも数ヵ月かなと思うが。

共演する俳優は結構有名な方々、例えば大杉漣など、だったので縁起が上手な人は多かった。が、その人にも北川さんの縁起が劣らなかった。前の作品と比べたら、演技力が著しく延びたような気がした。前の作品を見たら、「才能があるように見えるな」と思ったが、今回「才能を発揮したな」と思った。だから、これからの活躍をますます楽しみにする。Dear Friendsは東映だから、卒業してから大奥に出てくるといいなと思った。着物が似合うし。

もう一つのびっくりしたことは、北川さんはかなり細いことだ。美しいのはもう分かったし、まだそう思ったが、やはり細い。これより痩せないほうがいいと思うぐらい。

ところで、舞台挨拶の映画館だったが、そんなに広くないので行ったらよく見えたはずだ。ちょっと残念だよな。

では、いい映画だと思うので、皆様、ぜひ見てください。