つわり

最近つわりがゆり子を襲った。幸い、まだひどくないが、毎日気分が悪くなるし、食欲がなくなる場合もある。何もできないので、見守るしかない。今日ゆり子をゆっくりさせたが、私は今授業の合間を縫ってブログを書く。予想の通り、何も書けないようだ。

ところで、イギリスでつわりは「morning sickness」、即ち「朝の吐き気」と言われる。別に朝とは関係はないようだから、日本語の呼称のほうが相応しいと思わざるを得ない。特にゆり子のつわりが夜のほうにひどくなる場合は多い。

つわりは大変だが、胎児がどんどん成長する証拠としていいことだと言える。ゆり子にそう言ったら、ちょっとむかつくの顔を見せられるけれども。やはり気持ちがまだ悪い。男性は楽だよなと思う。

やった!

今日ちょっと書けた。嬉しい限りだ。そして、書いたことは、プロジェクトの大事なところだった。言葉の数は多くなかったが、プロジェクトの形に大変影響を与えると思う。だから、一応満足だ。明日授業が多いので、また書けない可能性が高いと推察できる。では、それは仕方がない。今日進んだので、明日もちょっと考える機会を捉えられるかもしれない。

数日何も書けなかったので、また起動に乗った気分は本当に快適だ。仕事の別な側面もうまくいったようだから、今日は本当によかった。

用事の洪水

今日頭が動いたが、何も書けなかった。今日は、授業が多くて、用事も多くて、時間が沢山の短い間に割れていたので、執筆をするのは難しかった。だが、明日の用事が少なく見えるので、明日やっと執筆できるのではないかと思う。楽しみにする。

何も書けなかった

今日頭がほとんど動かなかったので、原稿を書くことなどできなかった。だから、代わりに読書をしたり、管理などの用事をしたり、買いものをしたりした。今日できたことは多いと言えるが、やはり何も書けなかった。こういう日が続くと、ダメだ。