アクセント

今日また結婚式と披露宴のDVDを見てしまった。最初の挙式のところと、披露宴のところでシルバーが作ってくれた音楽のところと、ゆり子の御両親への手紙も見た。素晴らしかった。そして、私のスピーチも見た。

やぁ、イギリスっ臭いなと思った。私の日本語の発音は、やはりまだ英語の色が濃い。日本人のようになりたいのだが、できるかな。二十代に日本語を勉強し始めたので、無理だと言われる。子供の頃ではないと、発音は永遠まで変だそうだ。そして、聞いたら「イギリスっ臭い」ということが分かるが、問題はどこにあるか分からない。母音のかたちか、音の形か、流れ方か。はっきちした「あっ、あの音は間違いだ」というところはなかったので、簡単に直せるところもなかった。録音して、練習したらどうかな。

ところで、今日の仕事が半分うまくいった、半分動かなかった。明日四分の三がうまく行くように。

「アクセント」への1件のフィードバック

  1. 確かに発音は難しいですよね。僕なんてまだ基本的な日本語しか話せないのでいつも自分の言いたいことを頭から口までの順番に集めたり仕方を考えています。できるだけ発音がきれいになるようにしていますが、なかなか自然に話せません。やはり無理かもしれないかなと気がします。

コメントは受け付けていません。