ブログからの仕事

今週の週刊ザテレビジョンから北川景子さんの連載が始まる。記事の見出しとして「北川景子の気ままにエッセイ」だから、仕事の機会が北川さんのブログから発生したのではないかと思う。毎週気ままに書くのは、ブログの内容そのものだ。もちろん、連載の内容はブログと異なるが、今週の自己紹介でブログを読む人には新しい情報が得られないので、形が似ていると思う。

羨ましいな。私もブログを書いているが、「どうぞ、連載してください」という出版社はない。確かに、日本語はまだ間違いだらけで、日本語があまりできない妹でも間違いが見付けられるほどだ。(ちょっと恥ずかしいのだが、幸い殆どはタイプミスだ。登場人物より登場事物など。)でも、出版社には編集者があるはずだ。私の日本語を直してもらったらいいのではないか。毎週の〆切は大変なのだが、一ヶ月に四万語よりましだ。では、はかない夢に時間を無駄に使わないほうがいい。

ところで、今週の北川さんの記事のなかに「インドア最高!」と書いてある。ゆり子が読んだ時に、つい「デイビッドと同じだよね!」と言い出した。本当だ。謎は、なんでそういうふうな人が舞台の表に出ることにしたということだ。北川さんが楽しんでいますように。

一ヶ月の四万語と言えば、仕事に戻らんければ。