憎むな

人を憎むべきではないと思う。当り前だと思う人がいるかもしれないが、本当にそうすれば批判されると思う。考えてみよう。

先ず、世界中の文化で、憎む言い訳を作る異見が多いようだ。人類差別はその一つだ。「黒人なら、憎むべきだ」と言う白人は最近まで多かった。今日イギリスやアメリカそういうふうに発言すれば、お終いだ。キャリアの終わりだ。人類の上で憎むのは禁止されているが、憎んでもいい。ただ、別な理由に基づかないといけない。

もう一つの例として、国籍を言い訳として使う場合もある。イギリスでも、第二次世界大戦直後日本人を日本人だからこそ憎むべきだと思った人はかなり多かった。これも最近許されなくなったようだ。

今憎まれるのは、イスラム教のテロ団体だ。そういう人は敵だから、憎むべきだという人は多いようだ。そして、そういう人を憎まないといったら、批判される。被害者のことを考えていないのかと聞かれたり、憎まないのはテロを応援する行為と全く同じだと言われたりする。これは、もう一つの憎む言い訳の例だと思う。

その言い訳は、倫理だ。倫理は、自分の行動を指導するためにあると思う。他人を憎むためではないと強調したいのだ。これは、前の「反罰」との記事と深く関わっている。犯罪者を憎まないと、罰を与えたくなくなるのだ。同じく、普通の人を憎まないと犯罪を防げたくなるのだ。だが、犯罪者にの被害もなるべく少なくしたい立場だから、罰を避けたほうがいいと自然と思うようになる。

憎まないのは難しいと思う。人間にとって、加害者を憎むのは当然だと思う。憎んでしまう人も人だから、憎んでしまう人でも憎むべきではない。ただ、憎みに同意しないほうがいいし、憎まないように促せば促す程いいだろう。精神的な傷を与えないように気を付けないといけないが、憎みから開放できればいいと思う。例えば、人がゆり子を殺したら、加害者を憎まないのは、私にとって、本当に難しいと思う。そして、周りの人が「憎むべきではないよ」と相継いで言ったら、うんざりするはずだ。憎むのは悪いと言っても、やはり殺すほうが悪いので、痛みとの同感が表して欲しい。ただ、憎みを応援しないほうがいい。

憎むべきではないと思っても、つい憎む場合があるだろう。だが、あるまじき感情と思ったら、抑えようとするはずだ。だから、より早く憎みから開放できるだろう。憎みは、憎まれる人にも、憎む人にも被害だと思う。

北嶺のひと

普通に神道に付いての本を読むが、生徒さんから仏教についての本をもらったので、読んだ。仏教というより、一人の僧侶についての本だ。京都に住んでいる激しい荒行ができた人だ。本は、写真と文章で荒行のことを伝える本だ。荒行の基本は、比叡山の周辺を毎日歩き回ることだ。病気になっても、一日さえやすむことを許してもらえないそうだ。

そして、途中で九日間堂の中で食べす、寝ず、座らず、飲まずに続く荒行もあるそうだ。これは不可能のように見える。人間が九日間水を一滴たりとも飲まないと、死ぬはずだ。だが、本によると、この僧侶ができたそうだ。嘘だと言いたくないが、本当に信じがたい。

本を読んだら、やはり荒行に賛成できないと思った。 意味はないと思うからだ。不動明王と一体化するためだと言われるが、私の考えに従ったら、ありえないことだ。特に命を賭ける荒行は、するべきではないと思う。許すべきではないとも思う。勧めるのは、罪と言っても過言ではないだろう。仏教について読んだら、いつも違和感が湧いてくる。だから、神道に興味があっても、神仏習合を避けたい。

といっても、本は本当に興味深かった。この行為に反対しても、荒行について分かるのはいいと思う。世界の習慣を知らないと、世界で住むのは難しいだろう。

イギリスにいる生徒さん

一ヶ月前に私の生徒さんの一人がイギリスへ留学に行ってしまった。私の授業を辞めたのはいうまでもないが、英語を勉強続けるのは嬉しいことだ。今、イギリスでブログを書いているが、やはりカルチャーショックがある。例えば、ロンドンの物価は高いそうだ。よくある勘違いは、日本の、特に東京の物価が世界一だということだ。実は、最近イギリスが日本を上回った。物件なら、2、3倍以上上回ったようだ。

だから、もう一つの私が日本に住んでいる理由は、物価は安いということだ。イギリスの友達に行ったら、信じてもらわないと思うが。