あさきゆめみし7

いよいよ、あさきゆめみしを読み終えた。長いね。確かに源氏物語は長いので、漫画化はが短くなるわけはない。

結末は、ちょっと不思議に思う。紫式部が途中で死んでしまったとの説があると読んだことがあるが、無理はないと思う。一方、人生はそういうことだ。結末は、一人の人生で死しかないが、一人が死んでも縁がある人がまだ生きるので物語には結末はない。だから、「ここで終わらせよう」と紫式部が思ったと考えても、変ではない。

ところで、浮舟は本当に可哀想だと思う。公達の二人に狙われて、逃げる道はなかったと言える。だが、源氏の君が同じ状況になったら、二人ともをとっても良かった。要するに女性だからこそ大変なことが起こった。平安時代は不平等だったのは言うまでもないが、そう言っても嫌な気持ちだ。

さて、絵についてちょっと書きたいと思う。所詮漫画だからね。基本的に、絵は大変綺麗だと思う。特に風景を描く絵は、魅力的で日本の美しい風景を見たくさせる。そして、登場人物の描き方も華麗だが、区別するのは難しい場合もある。ちゃんと見たら、確かに相違があるが、一見で区別できないキャラクターは多い。それは、大和和紀のせいだとは言い難いと思う。なぜなら、原作で「大変美しい」と描写されたキャラクターは多いからだ。原作に背くわけはないし。確かに末摘花を区別するのは全然難しくはないし、花散里も独特な顔を持っている。そして、「大変似ている」と言われたキャラクターも多いので、区別しやすくしたら、それは過ちだと言えるだろう。

その問題を置いておいて、絵も楽しんだ。平安時代のイメージは、もうあさきゆめみしの通りになったように感じる。作者の研究が足りたように祈ってやまない。

選挙の結果

昨日選挙の結果にはまってしまった。深夜まで寝ずにパソコンで朝日新聞のウェブサイトで結果の発表を見た。住んでいる神奈川県の結果を待っていたが、なぜか神奈川県は最後だった。結局、結果はまだ定かではなかったが、予測できたので、寝た。起きたら、思った通りだった。

では、参院で民主党が第一の党になったし、野党が過半数を占めるようになった。安部首相は辞めようとしていないようだから、政権が変わらないのは思われた通りだ。だが、変わることがあるのだろう。戦後参院が衆院の提案に反対した出来事は非常に少ないようだが、普通に同じ政党が衆院も参院も握ったので、驚くほどではないと思う。だが、今は違う。だから、これから参院が反対する事件が増えるかもしれない。ただ、そうなるなら法律が作れなくなる。だから、交渉が必要になると思う。

この交渉は大事な結果だといえよう。与党は野党を納得せずになにもできないなら、政治が中央に傾くのではないか。だが、民主党と自由民主党を区別するのは、そんなに簡単なことではないような気がする。確かに最近イギリスでも労働党と保守党を区別するのも難しくなってきた。だが、私は日本にまだ四年間に至っていないので、政界の形をまだちゃんと把握しない。これからも発展を見るつもりだ。

選挙と散歩

今日雷の合間を縫って、ゆり子と一緒に散歩した。先生によると、出産のための体力を身に着けるために、毎日一時間以上歩いたほうがいいそうだから、今日溝口まで散歩した。途中でゆり子が投票した。今、テレビで結果を見ているが、私と同じく投票権はない候補もあるそうだ、やはり日本の用紙などはややこしいね。

散歩が一時間ぐらいかかったので、ちょうど良かったと思う。そして、歩きながらまた相談できた。ユデタマゴが産まれたらどういうふうに生活するなど。今の予想は本当におおざぱなのは当り前だが、ちょっと計画を立てないといざとなっても何もできないだろう。

選挙のことなのだが、衆議院と参議院の役割がよくわからないので、予測の通りに民主党が参議院で過半数を占めたら、なにが変わるか分からない。安部首相が首相として続いても良いのが分かるが、方針や立案に影響があるかどうかは分からない。外国に行ったら、政治の制度がちゃんとわかるのに時間がかかると思う。

まだ研究

今日も次のプロジェクトのための研究だった。思ったより読物は多いので、思ったより時間がかかるようだ。だから、ちょっと遅くまで仕事しなければならない。そして、ゆり子と一緒に明日の選挙について相談した。私には投票券はないのはいうまでもないが、影響を受けるので有権者の妻と相談した。家族で相談するのはいいね。ユデタマゴとも相談しようかな。もう少し大きくなったら。

では、明日も仕事するように見えるので、今日ちょっと早めに寝たほうがいいだろう。