社会構成

最近社会構成について考えるようになった。前から様々な倫理的な問題について考えたが、この一、二年間でもう少しまとめた概念を創ろうとした。このブログでも断片的にアップしたので、読んでくれる人にはもう分かるところがあるはずだ。(意見という範疇に入れたので、今でも読める。)だが、益々まとめて、企画にしたいと思うので、これから時々アップする。まだ断片的になるのはいうまでもないだろうが、積み重ねて企画にする予定だ。

目標はなんだろう。実現できる確率は極めて低いと思うけれども、政治の問題について考えたら、自分の方針があったほうがいいような気がする。社会の構成のイメージはなかったら、矛盾を抱える反応を出す恐れはなくはない。そして、企画があったら、ある程度政治的な活動するかもしれない。「ある程度」というのは、法律に許される面もあるし、暇がある面もある。在日外国人として、政治と関わる権利は制限されているので、ブログ以上にならないだろう。だが、私は、私のために自分の意見や理想を明確にしたいので、ブログで書いてもいいのではないかと思う。

そして、なぜ日本語のブログで書くことにしただろう。実は英語のブログでも書いたことがあるが、もう少し日本語で書くつもりだ。どうして日本語で書くかというと、日本の状況を考えて書くつもりだからだ。イギリス人なのに、日本に住んでいるので、日本の状況は私の日常生活と深く関わっている。一方、イギリスの状況はほぼ関係ないと言える。イギリスの政治に関与する程度にも厳しい制限があるので、それはあまり違わない。更に日本とイギリスの現状を比べたら、日本の現状のほうがいいと思う。確かに日本は完璧ではないし、イギリスの社会から学べることもある。しかし、全体的に考えたら、日本の社会のほうがよく構成されたと思う。その詳しいことを折に触れてこれから書くが、理想な国体を目指したら、日本の現状から出発するのはより無理はないと言いたい。一つの例として、最近の読売ポッドキャストによると格差社会を批判する日本人の割合は83%だそうだが、日本の格差はイギリスの格差よりまだ狭い。一言でいうと、日本では社会を維持したい人はより多いようだ。

今日はこの序文までだが、概ねに私の概念を紹介する。基本のは、自由主義だ。そして、人間を本当に幸せにする社会構成を目指して、他の生物との共存を大切にしたい。これほど抽象的な構想なら、異論するのは難しいだろうが、これから具体化して、反対する人もいるだろう。コメントを書き込んでもらえたら嬉しい。