編集者の指導

今日本の原稿が届いたので、読んで改訂の指導をした。部分によって必要な変更が異なったが、全体的に悪くはなかったと思う。一ヶ月以内改訂が済んだらいいが、できそうだから安心だ。ただ、9万語程度だったので、かなり時間や力が費やした。まだ完全に回復していないので、沐浴してから今日もちょっと早めに寝る方針だ。

おむつのサイズ

この数日に、おむつの問題に気づいた。Sサイズのおむつは、まだ真由喜の体の大きさにぴったりだが、うんちしたら必ず漏れてしまう。だから、Mサイズのおむつにしたほうがいいが、Sサイズが残っている。だから、うんちしないと予測するときにはSサイズを着せて、ちょっと不安なときにはMサイズにすることにした。そして、お出かけしたら、必ずMサイズにする。

親になったら、こういう話題が大事になるので、お許し下さいませ。

節分と雛祭り

今日は節分だが、真由喜のおばあちゃんとおじいちゃんは三月に来られないので、今日閏雛祭りを祝うことになった。丁度今晩ご飯の準備が終わりそうなので、私にはちょっと暇がある。

だが、今日私は元気ではなかった。寝不足が重なって、今日伏せてしまった。殆どベッドの中で寝たきりだったが、外は雪だったので散歩に合う日ではなかったね。ただ、お父さんとお母さんがいたので、ちょっともったいないと思った。とにかく、ちょっと一緒に時間が過ごせたので、よかった。そして、年に二回雛祭りをするのは珍しいね。初節句だからと言おう。納得してもらうかもしれない。

いない、いない、ばあああ

最近真由喜と一緒にいない、いない、ばああを遊ぼうとした。ちょっと笑ってくれたが、反応は薄かった。だが、昨日着替えていたときに顔が現れたら真由喜が大きい声で笑ってくれた。そして、繰り返したら、何回も笑った。十回ぐらいしたら、ちょっと飽きてしまったようだが、やはりいない、いない、ばああの時期に入った。よかったね。これは子供の成長の証拠のもう一つだね。

そして楽しい遊びができた。やはり新生児と遊ぶのは難しい。なぜなら、何も反応しないからだ。だが、大きくなる次第、遊べる範囲が広がるようだ。楽しみだ。