中世の形成

日本史講座を読み続いている。第三巻は、平安時代から戦国時代までの社会変化を描写するが、興味深い点は多い。武家の政権の成立について、なぜ東アジアの他の国で起こらなかったのに日本に起こったかが論じるとか、家の制度の発生とか、古代の政権から転換したのはいつ頃かなどのテーマが扱われる。十世紀当初で政治の形が大きく変容したと述べる章も興味深かった。宇多天皇の時代はそのぐらい画期的だったのが分からなかった。

社会の構成の変化も注目すべきだろう。中世前半まで近世のような家制度はなかったことは特に気になった。11世紀までに一家という社会的な単位は、世代の夫婦を指した。母系も父系も重要だったようだから、後家(残された妻)が家の家産を司ったことは多かったようだ。別な側面から見たら、穢多の差別も中世に形成されたようだ。現代の立場から評価すれば、古代は近世よりよかったと言いたくなるほどだ。そして日本の伝統的な社会構造は、徳川幕府に構えられたようだ。伝統というのは、その前にも遡れるので「伝統だからいい」という基盤に依る人には気を付けた方がいいだろう。もっと古い伝統を見たら、家族の形態は大きく異なるし、政治的な構成も意外だと言える。

これは歴史を勉強する利点の一つだと思う。「伝統」というのは、普段「私の子供のころの状況」を指すようだ。神道の場合、明らかになる。なぜなら、明治維新で神道の変容は著しかったので明治三年からの神道は、「伝統的」とは呼べないが、もう明治以前の形が覚えられる人は少ないからだ。だから、伝統的に感じられることは、明治政府が作り出した習慣だと言える。だからといって悪いとは限らないが、「遙か昔からずっとこうだった」のは間違いだから、現状の上で論じたほうがいい。歴史の中で見える変貌が分かったら、これから社会が変わることも安心で受け止められるかもしれない。

初桜

今日関東で桜は満開だね。だから、今日両親学級で出会ったいわゆる「マミーズ会」の人と一緒にお花見に行ってきた。場所は家に近い生田緑地という公園だったが、実は思ったより近かった。前に言ったことがあるが、印象は時間がかかったことだったが、実は森林公園とほぼ同じ距離なのようだ。桜の場所は丘の上だが、家から三十分以内着いた。

さて、お花見。確かに今日の天気はぴったりではなかったが、12時半までに到着したのでまだ雨が降っていなかった。結局六ヶ月前後の赤ちゃんが五人いたし、お母さんはもちろん、お父さんも四人参加した。桜の下でシートを敷いて、お弁当を食べた。ゆり子が私達の為に大変美味しい手作り弁当を作ってくれたし、配るためのケーキも作った。だから、食べるのは楽しかった。

赤ちゃんの様子も面白かった。真由喜がずっとニコニコしてくれたが、ずっと熟睡した赤ちゃんもいたし、ぐずる赤ちゃんもいた。一人はもう一人座りができたので、皆感動した。真由喜はまだまだだが、もうすぐかな。そして、真由喜とちょっと遊んだり、写真を取ってもらったり、展望台に登って周りを見たりした。帰り道で雨が降り出したので、タイミングは良かった。ちょっと濡れてきたが、お花見が充分楽しめた。奇麗な真由喜の初桜の写真もあるので、思出になる。

自由主義〜促進と抑制

前述のように、許すべき行為の範囲は広いと思う。だが、許すべきだからと言って、必ずしも平等に扱うべきとは限らない。個人のレベルでも、自治体のレベルでも、国のレベルでも同じだ。自治体と国を一緒に論じたいと思うので、その先に個人レベルの状況を検描写する。

個人レベルで、自由主義の基本によって促進の自由は守られている。利益を与えたかったら、誰に与えてもいいので、促進したい行為の上で配ってもいい。抑制の方法はもう少し限られているかもしれない。基本的に、利益を与えないことができるが、損害を与えることはできない。だから、会員権を剥奪するのはいいが、罰金を課すのを避けてほしい。利益のために条件を作ってもいいが、損害を避ける為の条件は、自治体のレベル以上に限りたいと思う。法律や民主主義は重大な要素だからだ。

さて、自治体レベルについて考えよう。促進は、個人レベルと同じくできると思う。ただ、選択の自由の記事で述べたように、促進する行為は、選べる行為に限るべきだと思う。生まれながらのことはもちろん、過去のことを促進するべきではない。だから、制度が設立した後で人ができることを促進したら良いと言いたい。定義を定めるのは難しいが、概念は明らかだと思う。

一方抑制も政府の義務だと言える。抑制と言えば、禁止に及ばない方法が使えるだろう。例えば、ポルノは良くないと判断したら、表現の自由の為に禁止できない。一方、ポルノの消費税を50%に設定してもいいのではないか。10,000%の消費税なら、禁止と等しいと言えるが、50%なら欲しい人はまだ買えるので、作りたい人がまだ出版できる。だが、出版する状況がちょっと厳しくなるので、量が減る可能性はたかいと推測できるだろう。同じようにお酒の消費税や関税を100%にしたら、飲んだ量が減るはずだ。100%以上の税金は、禁止することに近づくので気をつけるのは必要だが、税金そのものは禁止だとは言えない。

税金はいい方法だといえるだろうが、唯一の方法ではない。例えば、許可得ずに何かするのを禁止してもいい。ただ、許可をもらうには、手続きのみが必要なのは条件だ。拒否できれば、それは禁止の種類だ。ただ、許可を簡単に得られなくても禁止ではない。例えば、本人が特定された事務所に行って、申請して、ある程度の手数料を支払う手続きでもいいだろう。さらに、事務所を小笠原諸島で設けてもいい。そして、申請したら、一ヶ月後事務所に戻って指導を受けて、さらに一ヶ月後事務所に戻って許可を得るパターンでも禁止ではない。だが、気軽にする人はいなくなる。(実は、外国人の再入国許可はこの形だ。手続きのみは必要だが、ちょっと手間がかかるので、日本を出ない外国人もいるだろう。日本の政策は、本当に国の中に在日の外国人を残すことだろう。)

ここで慎重するのは必要だ。許可を得る方法を大変難しくしたら、課税を重くしたら、禁止に等しくなるだろう。それは、最高裁判所が結局決めることだが、行為がまだ現実的にできる程の手続きや税金は大丈夫だと言える。小笠原での事務局はちょっと大げさかもしれないが、一回許可得たら終生できる形になったら、いいだろう。毎年必要としたら、手続きをもう少し簡単にした方がいい。小笠原諸島へ三回行くのは手間がかかるからだ。

政治家や政府や宗教や業界の指導者の批判を抑制することもすべきではないと思うが、これはもう一つの段階になる。そして、禁止されない場合、ちょっと厳しくしても深刻な問題にならないと言える。政府に対して強い不満を持つ人は、許可を得るからだ。一方、宗教を抑制してもいいだろう。抑制しない宗教もあってもいいが、宗教を他の行為と同じように扱う方針を取ったら、抑制したほうがいい宗教があるのは可能だ。ただ、禁止するのは難しいだろう。表現の自由、利益の自由、選択の自由で殆どの宗教の信者になれると思う。禁止と等しい抑制は、この範囲でも禁止される。差別も同じだ。利益を与える場合、差別を禁止するのは、禁止だ。だが、抑制するのはいい。

だが、このような問題は、平等と公平の問題と関わるので、後でもっと詳しく論じたいと思う。

果物

最近産直の果物ボックスを受けることになった。毎月一回千円のボックスが届くが、珍しい果物が入っている。だから、毎月新しい経験がある。それは面白いが、果物と果物の名前を合わせるのはちょっと大変だ。ボックスと一緒に説明書が届くが、写真は小さくて白黒だし、本物は自然生産だから、写真とちょっと異なる場合もある。確かにみかん、イチゴ、バナナだったら、私たちさえできる。ただ、今月の果物は14個でオレンジやみかんの六種類だった。区別を付けるのは本当に大変だった。結局ゆり子がインターネットで検索して、大きい写真や詳しい説明が載ったサイトを見つけた。

幸い、私はオレンジ系の果物が大好きだから、試食を楽しみにしている。種類別で味が覚えられるかどうかは不安だが。