翻訳

最近私が仕事の戦略について考えていた。結論から始めるころにしたら、翻訳の仕事を積極的に探すことにした。まず、翻訳は、編集や執筆のようにどこからもできるしごとだから、引っ越すことが必要になっても続ける仕事だ。そして、日本語から英語に翻訳できる人は多くないようだから、報酬は悪くない。翻訳してほしい人の大半は、説明書やホームページのような日本語を提供するようだから、内容をちゃんと伝える限り、小説のように言い方について深く考える必要はない。要するに同じ意味をはっきり伝えたら充分だ。雰囲気を保つのも大事だが、文章のニュアンスはあまり拘れていないようだ。つまり、ニュアンスは全体的で、文章を一つ一つに雰囲気に拘る必要はないだろう。だから、執筆や編集の仕事と違う。

広告できるサイトをもう見つけたし、登録したが、まだ積極的に活用していない。もうすぐそうしたほうがいいと思う。