巫女さん入門〜初級編

この本もタイトルから内容が分かると思う。東京にある神田明神によって編纂された本で、神田明神で行われる巫女さん入門講座の書籍化だ。私が買った理由は、今書いている作品には巫女になる主人公があるので、巫女には何が教えられるか確認したかったからだ。その目標に十分役に立ったと思う。(後書きには「アニメにある超能力を持つ巫女さんと本当の巫女さんが違うことがわかっただろう」と書いてあるが、私の作品もある意味超能力を持つ巫女が出てくる。まぁ、私が書く作品はファンタジーだから、当たり前だろう。)

だが、この本の良さは、その目標を優れると思う。神道の入門として、今まで読んだ本の家に一番だと思う。

この本で、「言挙げせじ」というのは、神道の特色の一つとして挙げられている。だが、他の読んだ神道入門は、言挙げばかりだ。書籍を考えたら当たり前だが、言挙げせじは本当に神道の特色だと思うので、そういう立場から神道を論じると、入門としてちょっと問題があるのではないかと私が思わざるを得ない。一方、この本の基づいた講座には実践は重視されたようだ。勿論基礎知識が書いてあるが、本の中心は神社の作法や祭りのやり方だ。つまり、参拝する方法、二礼二拍手一礼の作法も、祭りのことや神棚、供え物などの説明は丁寧に掲載される。

だから、この本を読んだら、現代の神道の基本が分かってくると思う。参拝などができるようになるし、人生儀礼のことも分かる。これは神道の全てではないが、基礎として古事記の神話の粗筋よりいいと私が思う。確かに入門の次の一歩は神話などだと言えるかもしれないが、次だ。(実は、古事記の神話の前に全国の神社の実践などをちょっと学んだほうがいいと思うが、なんと言っても古事記の神話を比較的に早めに修めなければならない。)

一つの面白い点だある。元の講座は、一日中の講座だから、半ばに昼食がある。だから、本の真ん中に食事の作法の章がある。これは基本ではないと思うが、確かに巫女さん講座の昼食には必要だ。だが、ここに賛成できないポイントがある。それは、食べながら会話すべからずとの戒めだ。私は、逆に食べながら会話すべきだと思う。家族や友達との仲を深めるための相応しい機会で、見逃すわけにはいかないと思う。

こういう点で相違があるので、やはり神田明神の巫女さんになれない。

えっ?もう一つの阻害がある?外国人であることだろう。確かに、本に「日本人の」と書いてある。何?その「の」の次は?

あっ、そうだ。では、神職しか残らないだろう。

國學院大学神道資料館

今日渋谷での授業が朝にあったが、午後に授業はなかったので國學院大学の神道資料館にもう一度訪れた。特に特別展が見たかったが、結局特別展のみ見えた。仕事の日だったから、数時間を費やすわけにはいかなかったし。特別展で熊野那智大社参詣曼荼羅が展示されたが、印象的だった。大きくて、鮮やかな色で壮麗な描き方だったので、参詣者もよく見えたし、那智の滝も見えた。滝の中に火があったように見えたが、それは神霊を表すための描き方だろうと思った。(那智大社のご神体は、那智の滝だからだ。)解説には「絵解きに使われたか」と書いてあったが、私の絵解きのイメージはびくにが歩き回って熊野の神徳を称えることだが、やはり違う。この曼荼羅を用意に運び回すこともできないし、そういう跡もなかった。熊野系神社で展示されただろう。

そして、案内してもらった時見えなかった常設展の部分もちらと見えた。季節の祭祀の録画があって、日本語だけではなく、英語の解説もあるようだから、また機会を作って見に行きたいと思う。全国のお祭りが収録されたようだったので、興味深そうだ。

そういえば、解説の英訳はまだ未完成なのようだが、手伝えたら手伝いたいのだが、どうやって問い合わせしたらいいかさえ分からない。メールですると思ったが、ホームページ上メールの連絡先はないようだ。電話は失礼のように気がするし、岡田先生が講座で現れたら直接に話しかけたらどうかなと思った。(本人がこのブログを読む可能性があるので、ケンブリッジの時代に資料館での小規模展示を監督したことがあるのを書いておくし、まだ展示されているようだ。今調べて、びっくりした。十年ぐらい前にデザインしたからだ。もうすぐ更新するはずだね。)結局郵便の手紙になるだろう。

急な歩き出し

昨日の夕方、ブログを書いた後で、真由喜が急に沢山歩き出した。リビングでゆり子から電話台まで、電話台から私まで、そして私からまたゆり子へ。楽しそうな顔で手を前に伸ばしながら歩いたので、「見て、見て!あたし、できるよ」という感じだった。なぜ昨日急にそうしたか分からないが、朝の凸凹キッズで刺激を受けたのではないかと思う。同じ月例の赤ちゃんが二人いたが、その二人が上手に歩き回った。真由喜が私の手を持ちながら歩いたが、独立した歩きはしなかった。だが、他の子供達を見てやりたくなっただろう。

真由喜の成長を見るのは本当に楽しい。

真由喜と税金

今日は真由喜との一日だった。今朝、平子供文化センターで応援教室も凸凹キッズというサークルもあった。サークルは、ゆり子と真由喜が数ヶ月前から参加したサークルだが、ゆり子の新しい着物講座が始まったら、丁度重なるので行けなくなる。だが、月曜日だから私は参加できる。だから、来月から私が真由喜を連れて行くことになった。今日、ゆり子が私を紹介してから、応援教室に参加したので、ちょっと経験ができた。来月からよろしくという感じだ。

言うまでもないかもしれないが、私は唯一の五歳以上の男性だ。ちょっと不思議な気分だ。それに加えて、唯一の外国人だし。ちょっと目立ってしまうことは仕方ないだろう。

さて、今日の午後県税事務所に行ってきた。真由喜を運んで、溝の口まで往復歩いてきたが、結局税金が問題にならなかった。個人事業税の件だったが、読んだ本にある届出が必要だと書かれたが、ちゃんと届出したかどうか確認したかった。だが、私の事業は個人事業税の対象外だそうだから、税事務所でももう記録はないそうだ。少なくとも、問題にならないようだから、一安心した。ちょっと気になったことだったので、確認できてよかった。