神道を知る講座IV〜第10回

今日、今年度の最後の神道講座に行ってきた。天気はいいので、溝の口までの散歩も気持ちよかったし、講演の内容も興味深かった。今日は、先々週と同じように、阪本先生だったが、阪本先生は面白い余談が好きだということは前に述べた通りだ。残念ながら、阪本先生には私と同じ癖があるようだ。それは、余談に入ったら、声をちょっと下げて、ちょっと早口にすることだ。私は、英語の授業でそういうことをしてしまうので、私の方が酷いことがよくわかるが、とにかくまた分からなかったところは多少あった。それは、粗筋で飛ばさせてもらう。

さて、内容はまた国学だったが、今回は本居宣長(もとおりのりなが)と平田篤胤(ひらたあつたね)を中心としたが、国学の流れは主なテーマだったといえるだろう。最初から、国学には重大な要素は考証ということだった。昔からの文献を比較して、考古学も参考にして(江戸時代の考古学は未成熟だったが)、古の事実を把握しようとする学問だったという。だからこそ、宣長が先生の説にこだわらないように指摘したそうだ。要するに、自分の先生の説はおかしいと思ったら、証拠を上げて反論してもいい、というより、反論すべきだということだ。宣長が自分の先生に対してそうしたし、宣長の弟子もそうしたという。この態度は考証に不可欠ということは、いうまでもないだろう。宣長が残した研究ノートは貴重な資料だそうだ。

この観念を考えたら、国学は神道の学問だけではないことがわかるという。文学史も、一般の歴史も、考古学も国学の範囲や範疇に入るそうだ。だが、神道との特別な深い関わりがあるのは否めないそうだ。その原点として、宣長の神説を挙げた。「カミ」という言葉の語源は、宣長によると不可知だそうだが、カミという存在について説をしたという。それは何回も述べた「優れたものはなんでもカミになる」説だ。だが、この説を考えたら、考証とほど遠い関係があることが分かる。証拠は何だろうと考えたら、証拠はないはずだということになる。だから、これはもう一つの要素に、つまり信仰になると解いてくれた。

ここで、ちょっと宣長の神観念と神道の神観念と阪本先生の神観念について述べた。それは、人によって神が異なることになる。要するにどの神を信じるのは、自由だそうだ。阪本先生の神棚に祀られた神様を別々に考えないと言ったが、ただ「神」として拝めるという。強いては特定するなら、天照大神だと言ったような気がするが、これはちょっと分かりにくくなった所だった。とはいえ、宣長なら、タカミムスヒという神だったそうだ。ここで不明のままだった点は、神から選べる選択肢の幅だった。極端的な例だが、キリストを選んだら、まだ神道になれるかが分からない。

では、この信仰の流れを特に汲んだのは、平田篤胤だったそうだ。幽界に興味が特にあったそうだ、つまり死んだ人の国に興味があって、見えない世界に興味があった。篤胤が大国主神を幽界の主として立てたそうだが、それは日本書紀の一つのところの一つの或る説によったそうだから、考証の立場から評判したらよくないと言える。だから、篤胤が考証を廃れて、信仰に専念したという評価が一般的になった。だが、阪本先生によると、その傾向の中でまだ考証のやり方を活かしたそうだ。あの世を勉強するためにも、経験があると主張した人の話を聞いたとか、文献を沢山比較したなどで、完全に国学の主流(と言えるだろう)の考証から脱出しなかったそうだ。

最後に講座担当の岡田先生がちょっと挨拶をしに来たが、来年の講座は岡田先生が一人で十回に亘って神道の論争について教える予定だそうだから、本当に楽しみにする。(岡田先生は面白いし、私にとって比較的に分かりやすい先生だから、安心できるね。)

言葉の真似

真由喜が適切な年齢になったので、言葉を真似する時期に入ったと思う。ずっと前から「ダディ」と私を呼んだし、たまに他の言葉の音も真似したが、この数日間級に言葉をよく真似することになった。今日の例を挙げる。

まず、午後にゆり子と真由喜がお出かけする前にゆり子が真由喜にコートを着せていたときに、ゆり子がジッパーを上げると「アップ」と言った。そして、真由喜も「アップ。アップアップアップ」と言い答えた。

そして、ちょっと前に私が真由喜と一緒に「いないいないばぁぁ」という本を読んだが、真由喜が「ばぁぁ」のページにめくったら、「ばぁぁ」とはっきり言った。それに、前の「いないいない」ページには「ばぁぁ」とは言わなかったので、意味が分かるというか、言う場面が分かってきたと言えると思う。

だから、これから積極的に言葉を言わせてもいいだろう。勿論、真由喜がいやがると止めるが、機会を沢山作った方がいいのではないか。特に英語の機会も日本語の機会も両方を与えないとだめだよね。バイリングアールにさせるための本当の努力はこれからだろう。今まで両方が毎日聞いたらいい状況だったが、音や発音に慣れるためだった。これから自分で発言できるようになるためだから、より積極的にする必要が発生するだろう。

でも、嬉しい。喋り始めたと言えるだろう。

全国「一の宮」徹底ガイド

この本は、新潟県の花についての本だ。嘘だ。またタイトルかたすぐに分かるような本だ。

「一の宮」というのは、平安時代からの制度で、日本の都道府県制度の前に「国」という地域に鎮座する一番偉い神社を指す。京から赴任された官僚が最初に一の宮にお参りする習慣があったが、一の宮の決め方は定められなかったようだから、一応の印象によって決まったのだろう。確かにちょっと不思議に思われる国もあるし、今も本当の一の宮は不明の国もある。この本の中で、四つの候補がある国まで記載される。(信濃の国の一の宮の諏訪大社には宮が四つあるが、それは一つの神社として扱われたので、争う候補ではない。越中の国には四つの候補があるそうだ。)そして、有名な神社が一の宮にならない場合も少なくない。明治神宮が一の宮にならないのは当たり前だが、(それは、二十世紀に建立されたので、平安時代の制度に入るわけはないからだ)宗像大社は一の宮ではないことはちょっとびっくりした。宗像大社の本社は一の宮ではないのに、分社の安芸の国の厳島神社は一の宮の一つとして数えられている。そして、伊勢の神宮は格別だから、一の宮にならない。(とはいえ、鎌倉時代まで天皇以外の人が神宮にお参りすることは禁止されたので、一の宮の制度の目標から考えたら、神宮には一の宮になる資格はなかったと言える。)

この本は、68の古代からの国の一の宮についてページを二枚から五枚を使う。連絡先や交通案内は簡単に示されているが、お参りすることにちょっと足りない場合もある。「○○からタクシーで90分」と書いていれば、もう少し詳しい情報が欲しくなるね。でも、「××駅から徒歩2分」の場合は十分だろう。そして、神社についての情報はそれぞれだ。由緒を語る場合は殆どだが、深い謎に包まれた神社もあるので、そういう立場からあまり言えない場合もあるようだ。

といっても、本を読んで全国一の宮巡礼がしたくなってきた。新しい一の宮と候補を含めたら、88ヶ所の神社に昇ので、積極的にしても十年間以上がかかるようだ。だが、できたら日本の全国を訪れる。(新しい一の宮は、北海道や沖縄県、東北の地方の神社を指定するので、本当に全国になる。)家族でお参りしたいと思うので、真由喜がもう少し大きくなって、覚えられるようになったから始めたほうがいいかなと思う。

刺繍の展示会

私の生徒さんの一人が英国王立刺繍学校の職人養成コースを卒業したことがあるが、唯一の日本人だそうだ。今週作品展を主催しているので、今日家族で見に行った。イギリスの伝統的な技術を活かす職人の作品が並ぶので、楽しかった。大きな展示会ではないが、表参道に近い北川画廊というところで開いているし、入場料は無料だから、興味を持っている人に勧める。

私の刺繍に対する興味は「奇麗だね。素晴らしい。」という程度に止まるが、ゆり子は手芸にはやる気を持っているので、作品を見たらやりたくなるようだ。ゆり子の作品は数個あるので、将来に英国風刺繍も家に並ぶかもしれない。

さて、作品は数人の刺繍家のものだが、私が見たかったのは生徒さんの作品だった。一年間ぐらい英語を教えて続けたが、作品を見たのは一回だけだった。やはりいわゆるゴールドワークは一番派手な作品だった。ゴールドというのは黄金のことだが、本物の黄金が使われた刺繍だから、キラキラする。それ以外印象的だったのは、刺繍の仏壇と白い布に白い糸で刺繍されたデザイン。刺繍の仏壇は、小さかったが、家紋も植物の模様もあった。イギリスと日本の伝統の合流だった。そして、白と白の刺繍は、派手の正反対で何となくシックな雰囲気だった。これほど技術を持っている生徒さんが私の授業を受けるのは、やはり名誉だ。

ところで、この記事で生徒さんの名前を書かないことにしたが、リンクしたホームページからばれてしまう。だから意味はないが、勝手に私のブログで生徒さんの名前を書くわけにはいかないと思う。

話が変わるが、展示会を見てから、ゆり子がハンサム★スーツを見に行った。楽しかったと言ったので、良かった。ゆり子が映画を見た間に、私が真由喜の面倒を見た。幸い、真由喜が眠ってくれた。