個人情報流出事件

今日渋谷での授業があったので、溝の口へ歩きながら読売新聞のポッドキャストを聞いた。月曜日からは未だ未聞だったので、三日の分を聞いた。月曜日にはちょっと「えっ?」と思わせたことがあった。

裁判員制度が来年の五月から始まるは周知の通りだが、通知が週末に届いたそうだ。ブログを持っている候補として選ばれた人が「裁判員に選ばれたよ』との記事をアップしたようだし、名前も顔写真もあるブログにもそういう知らせがあったそうだ。私のブログには名前も写真もあるので、私が書いたらそのようなことになるね。

だが、ポッドキャストによると、それは裁判員法違反だあそうだ。法律に個人情報が漏れないように指摘されているようだが、罰されないそうだ。

「えっ」というのは、自分のブログで、自分が裁判員に選ばれたことを発表するのは個人情報扱い違反だという判断だ。自分の個人情報ではないか。自分で自分の個人情報を公開したら、いいのではないか。裁判員の候補に選ばれたことは秘密にする必要があるだろう。家族に言ってもいいのか?職場はいかがだろう?「来週から暫くの間休ませていただきます。理由は言えないが、首したら重い罰になりますので、ご注意ください。」そういうわけはないだろう。

では、自分のブログはそれとどう違うのか。誰でも見えるのは確かだが、実に見る人は少ないことは事実だ。ブログで書くことは本当に違反なら、裁判員失格になるだろう。そうなら、便利だよね。なりたくない人が簡単に選ばれた現実を言ったら、もう裁判員になれないからだ。罰もないし、裁判員資格とも関係ないなら、法律になんで書き込まれただろう。勿論、公務員などが個人情報を漏らすことを防ぐために書いたはずだが、書き方の曖昧さでこのような変な結果があったのだろう。

そして、通知表に「ゆっちゃダメ!」と書いてあったかな。

記者の法律の解釈には誤りがあるのではないかと私が思わざるを得ない。

執筆

今日授業は少なかったので執筆を進めるつもりだった。或る程度執筆ができたら編集する予定だったし。だが、執筆の進み具合は良くなかった。結局授業までに予定の2000語ができたが、12時までにする予定から大変ずれた。授業の直前の4時にできたのだ。お昼などを引いたら、四時間ぐらいがかかった。思ったより遅く始めたし、一時間に1000語ではなく、一時間に平均500語になってしまった。

先週の寝不足を考えたら、遅くまで仕事しない方がいいと思うので、今日編集を止めることにした。読書がまだできると思うが、英語のブログも書いた方がいいと思う。本当に怠っているからだ。(毎日の日本語のブログと比べたら、毎月の程度になりそうだ。私の母国語はどちらか忘れるぐらいな差が開いてしまった。やはり、毎日更新するという決着をしたら、毎日するが、「できるだけ頻繁に」という曖昧な決着で数日間置いてしまうことは少なくない。日本語ができない家族に悪いなと思うが。)

では、明日執筆しなくても今週の6000語の予算が満たせるようだから、明日授業と編集に専念したほうがいいのではないかと思う。毎日のバランスは取れなくても、週を単位にしてバランスしたら大丈夫だろう。

またつまらないことばかりの記事になってしまったが、興味深いことを想像する余裕はないのだ。すいません。

真由喜との一日

月曜日だから、ゆり子が着付け教室に行って、私が真由喜と一緒に一日を過ごした。

朝は、でこぼこキッズでクリスマス会の準備したが、私が僅か半分ぐらいできた。真由喜が探検に何回も出発したからだ。だが、真由喜が楽しく滑り台などで遊んだので、真由喜が他の子供達と触れ合って、楽しむ目標は成功したと思う。そして、白幡さんにお参りしたが、途中で真由喜が寝てしまった。だが、神前に立ったら、また起きたので、一緒にお参りして、帰った。眠さが完全に払拭されたようで、真由喜が歩きたがったし、帰ったら沢山食べた。

遊んでから、また出かけたいと真由喜が表したので、隣のコンビニまで行った。コンビニで真由喜に籠を与えたが、持ったとたん真由喜が買い物真似し始めた。商品の間を歩いて、棚から気に入るものを選んで籠に入れた。私が棚に戻そうとしたら、大変いやがった。やはり自我が湧いて始めたなと思った。だから、結局お菓子を一つ買ってあげた。一緒に会計に行って、商品を渡した。籠を放ちたくなかったようだったが、商品は問題なかった。買い物の支払う部分も分かってきたのかなと思った。ただ、お菓子を食べさせるわけにはいかなかったので、ゆり子に食べてもらった。

ところで、朝のシャワーの間に、真由喜が最近シャンプーと遊ぶことは多いが、最後に「また棚に置いてくれる?」といったら、すぐに置いてもらう。まるで言葉がわかるかのようにするので、分かるのかな。話せる前に分かると言われているので、分かってきただろう。真由喜の前で言うことに気をつけなければならない。