定額給付金

昨日溝の口で生徒さんとの待ち合わせがあったので、歩いて行った。歩きながら読売のポッドキャストを聞いたが、もう二週間前の分だった。最近渋谷での授業はないので、聞く機会が少なくなってしまった。機会が作りたいと思うのだが、どうやってするか分からない。

とにかく、聞いたポッドキャストの中で国会の税制会議(のような呼称だった)が定額給付金の政策を強く批判したというニュースがあった。(ところで、昨日フォーサイトで定額給付金に触れる記事を読むまで、低額給付金だと思った。金額に合う呼び名だし、発音も同じだし。聞くだけのはちょっとヤバいね。)実は、私もそう思う。一人当たり2万円ぐらいをバラマキしても、経済に刺激を与えるわけはない。2万円で何ができるのか。外食はできるが、旅行はできない。欲しかった家電も買えないだろう。最近の不況で、生活費を慎重に支える人は少なくないのが推測できる。より悪化することを推測して、貯金に入れる人も多いだろう。

確かに他の提案(例えば、民主党の学校の耐震工事を勧める提案など)は、私には何も利益はないが、より効果的に見える。建設の作業員の雇用を保証して、地域の経済を支えるように見えるからだ。もう二週間前のポッドキャストだったので、もう決まっていると思うが、できれば効果をはらむ政策をとってほしいと願う。

「定額給付金」への1件のフィードバック

  1. こんにちは。
    日本のメディアは定額給付金を必要以上に大きく取りあげるばかりで、本当に大事な報道は国民に伝える努力をしていないのです。

    以下の動画は37分もありますが、自民党がどんな対策を行なっているのかを知ることができます。とても充実した内容です。ご覧になって戴ければ幸いです。

    2009.1.29 国務大臣の演説に対する質疑(代表質問) – 細田博之
    http://jp.youtube.com/watch?v=s6cI8GzGwC8

コメントは受け付けていません。