新年疲労

なぜか昨日疲労に襲われ、午後にベッドに戻ってしまった。年始にそれほど疲れるのはよくないと思うが、復活方法は不明だ。寝不足は原因だと思ったのに、ベッドに入ってもなかなか眠れなかった気がした。(と言っても、起きたらもう二時間半が過ぎたようだったので、気づかずに眠ったのではないかと思わざるを得ない。)そして、夜9時ぐらい寝たが、すぐに眠れたのに今朝6時ぐらい起きてしまった。確かに9時間になるが、寝不足だったらより長く眠るはずだ。その上、気分はまだ完全に復活していない。だから、ちょっと病気になったのかなと思うようになった。様子を見よう。

疲労のせいで、昨日読書は何もできなかったが、幸い朝に執筆が3000語できた。タマオの宣伝も整理したので、今広報中だ。効果があるかどうかは待つしかない。作品に対して待つしかないことは多いね。今日も穴埋めに努めないと行けないので、ブログをちょっと短くしてしまう。

新年の抱負

今日から今年の仕事が始まるので、今今年の抱負に着いて考えたいと思う。やりたいことはやまやまだが、実にやろうとすることをやまに抑えたほうがいいので、今年の目標を選ぶのは必要だ。

最初に真由喜と時間を過ごすことだ。それは何より重大なことだから、優先に据える。毎日の三十分ぐらいプラス週末の数時間程度で足りると思うので、仕事もできる。それに加えて家族三人で朝食も夕食も食べる習慣があるので、それも真由喜と接する時間になる。そして、ゆり子との時間だ。家族三人だけではなく、二人での時間も作りたいと思う。やはり家族を大事にするのは一番だ。

そして、健康だ。最近運動をちょっと怠ったような気がするので、また朝の体操を始めるし、外での散歩で運動がとりたいと思う。問題は時間なのだが、頑張る。同じように、また正座の練習を始めたいと思う。お正月に正座をしようとしたが、また痛くなってきた。練習は数週間しなかったからだろう。ヤバい。

では、仕事の風景はどうだろう。タマオの小説を最後までやり遂げたいと思う。その成否は、私の意志に左右されないが、少なくとも最後までして、状況を見ると思う。英語の仕事もより良くしたいと思うが、具体的な抱負はない。

読書で、神道についての英語で出版された論文などを読む計画がある。その分野の知識をより深めたいと思う。

これで、もう十分だろう。というより、もうできないほどの量かもしれないが、頑張る。

真由喜と鳩

今朝真由喜と一緒に白幡八幡大神にお参りした。神社で、真由喜が作法に一応従ったので、もう覚えているようだ。そして、階段を登ったり下りたりして長い間楽しんだ。実は、一回境内の出口まで行ったが、真由喜がまた登ろうとして、拝殿まで戻った。階段も坂も真由喜は好きなのようだから、神社には階段は多いので遊園地のように使えるかもしれない。遊ぶ前にちゃんとお参りするけどね。

そして、帰り道に鳩と遭った。道上に歩いたり餌を探したりするようだったが、真由喜がすぐに夢中になってしまった。見つめたり追っかけたりしたが、まだ走って飛ばせることはできないようだ。真由喜はまだ小さくて、鳩にも可愛く見えるだろう。(そのはずはないけれども。)初めてそういう風に生き物に興味を示したので、これは成長の一つだ。

実は、今言葉ができる寸前のように見える。日本語も英語も通じる証拠は多い。例えば、名古屋でおじいさんがみかんを依頼したら、真由喜が持ってきたと昨日書いたが、今日私が「いないいないばぁ〜!」のDVDはどこ?」と英語で聞いたら(”Where is the inai-inai-baa DVD?”)真由喜が即座DVDが入っている引き出しに行って、正しい引き出しに手を置いた。そして、見てから、真由喜にDVDを渡して、英語で「しまってね」と言ったら、また引き出しに行った。だから、両方通じるし、音を沢山出すし、喋るような形で音を出すので、本当の言葉はもう少しかなと思う。最近「ノーノーノー」と言うようになった。特に私が何かを英語で禁止してからの場合だが、「はい」は日本語で、「いいえ」は英語で。

ちなみに今日イギリスの母とのビデオチャットしたが、真由喜が喋ってくれた。母によると、私の同じ年齢と非常に似ている喋り方だそうだ。なるほど遺伝子が影響するね。私の環境づくりも影響があるのだろう。

真由喜と時間を過ごすのは、毎週違って、いつも楽しいのだ。

名古屋

名古屋から帰ったばかりだ。ゆり子の実家は名古屋だから、ゆり子のご両親と会いに行ってきた。勿論、主な目的は真由喜を連れて行くことだったが、それは大成功になったので問題はない。金曜日に行ったが、まずゆり子のおじさんの所に行って、家族の集合会に参加した。去年も一昨年も行ったが、今年もビンゴの遊びがあった。なぜか、今回私が優勝にならなかった。と言っても、真由喜がよく商品を貰った。今回真由喜がちゃんと参加できたので嬉しかった。特にゆり子のいとこの長男と仲良くしたのでまた会わせたいと思う。

土曜日に買い物に行った。名古屋のラシックというモールに行って、私の洋服を買ってもらった。ゆり子のご両親からのクリスマスプレゼントだったので、ありがたいのだ。真由喜も可愛い洋服を買ってもらったが、それはさすが祖父と祖母の気持ちだよね。そして、ミソカツを食べた。名古屋だから、ミソカツを食べる義務があるほどだ。幸い、私はミソカツは大好きだから、辛くはなかった。真由喜も他の人のカレーをちょっと食べたりした。帰ったら、私は非常に疲れたので、7時までに寝てしまった。私が寝ていた間に真由喜がみかんをたくさんおじさんに持って行ったりしたそうだから、人気者だったそうだ。私は、午前8時まで寝てしまった。

今日公園に散歩して、ブランコや滑り台で真由喜を遊ばせた。滑り台が大好きなのようだ。自分で登ろうとして、そして、一番上に座って、自分で前に動いて出発する。大喜びな顔で滑って降りた。近所の公園にも滑り台があるので、天気がよかったら一緒に行こうと思う。実は、真由喜は風も大好きなのようだ。特に顔に当たる風は大好きなのようだ。そうなると笑ったりするので、早く動くことも好きなのようだ。大きくなったら、私を心配させることを沢山したがるだろう。

つまり、家族三人で楽しんだので、次回名古屋に行けることを楽しみにする。その前に、ゆり子のご両親がここに来てくれるようだが、それも楽しみだ。