また疲労

昨日昼間に三時間寝てしまった。頭痛が生じて、仕方がなかった。だが、やはり仕事に支障になったね。執筆はなかなかできなかった。原因は、連続的な寝不足だったのは明らかだ。火曜日にもあまり仕事ができなかった。それは、もう疲れていたし、真由喜の面倒を見ることは多かったからだった。だから、今週の仕事の水準に達することはできないだろう。このようなこともあるので、仕方がないが、悔しい。時間は本当に一番限られている資源だと痛感する。

この状況になったら、いつも生活の形を見直そうと思うが、見直しても簡単に変えられるところはないようだ。稼ぐのは必要だし、ゆり子と真由喜と時間を過ごすのも必要だし、それに将来の活躍のための準備も怠るわけにはいかないので、やることは多い。巧みに事案に入れても或る程度時間がかかるのは避けられない現実だ。だから、我慢するしかないだろう。

では、今日の仕事に入った方がいいので、ここまで。