椿まつり

では、一昨日と昨日の旅行のことを書こう。

伊豆大島に初めて行ったのは、去年の九月だった。お母さんと一緒に四人で三泊したが、大変楽しかった旅行だったので、また行きたいなと思った。その上、伊豆大島が有名なのは、椿だ。九月には椿が咲かないのはご存知の通りだ。だから、椿の咲く時期にまた行くことにした。

九月と同じ伊豆大島にある温泉旅館、くるみやに泊まった。今回の部屋は、海の眺めがあって、10畳のリビングと6畳の寝室があった部屋だったので、真由喜にはよかった。リビングをよく走り回っていたし、たくさん遊べたからだ。そして、ご飯もまた美味しかった。晩ご飯は、食べきれない量で、美味しい海の幸だった。ただ、真由喜がなぜかあまり食べなかった。いつもと違う環境だったからのだろうと思った。そして、温泉も気持ちよかった。露天風呂に夜に入ったが、意外に気温が暖かったので気持ちよかった。星も見えたし。朝の天気はよくなかったので、内湯にしたが、それも気持ちよかった。土曜日の夜に混んでいたそうだが、日曜日の夜に十数人がいたと思うので、お風呂も混まなかった。

さて、宿泊施設はよかったが、メーンは椿まつりを見ることだった。伊豆大島には椿は多いが、観光地として大島公園の中の椿園は中心地だと思う。日曜日には天気はよかったので、レンタカーに乗って早速見に行った。真由喜が車の中で寝てしまったので暫くの間私が眠っている真由喜と持っていた。椿園の中の椿の種類は本当に多いし、花の色や模様も様々だ。ゆり子も私も写真を沢山撮った。そして、真由喜が起きたので、歩かせた。公園の中で歩いても安全だから、一人で歩かせたりした。追い掛けたのは当然だが、真由喜が自分の興味の持つ所に行った。

公園の前の広場でいわゆる「椿プラザ」があって、屋台もあった。伊豆大島の伝統的な女性のあんこの衣装を試着した。私もしたので、面白い写真がある。だが、真由喜がびっくりして、大泣きしたので、あの時真由喜は衣装しなかった。軽いお昼を食べてから、ステージで日本舞踊とあんこ踊りのパフォーマンスがあった。面白かったし、真由喜も楽しんだ。躍ろうとしたが、まだちゃんとあわせられなかった。

夜に夜祭りがあった。それは毎日開催するそうだが、出演する人が毎日変わるという。日曜日に、最初は抽選だった。私たちが伊豆諸島のレジャーシートに当たったので、よかった。真由喜がよく使えるものだし。次は、和太鼓だった。私は和太鼓が大好きだが、真由喜が相当驚いた。始まったら、私にくっ付いたが、続くとゆり子にくっ付くことになった。泣かなかったが、目が大きくなって、太鼓をじっと見つめた。

太鼓の後で、「スーパーあんこ娘」というグループがあった。昼間のあんことの基本的な違いは、およそ40年だった。他の違いは、これから発生したと思う。特に、あんこの踊りの手振り身振りを使って、現代の音楽に合わせたり、アレンジしたことだった。スーパーあんこ娘達も、中学生から高校生までに見えた。けっこう上手だったので、これも楽しかった。そして、伝統が将来にも受け継がれるように、このような活動は必要だと思う。生きている伝統は、いつも時代とともに変わりつつあるので、40年後あんこの基本は、スーパーあんこ娘の踊りを取り入れるだろう。

さて、月曜日に天気は悪かった。風も雨も酷かったので、館内のことにした。伊豆大島火山博物館に行ったので、火山の知識が増えた。勿論、一歳児を見ながら観察したので、全て詳しく見えなかったが、面白そうなところは多かった。真由喜がちょっと大きくなったら、また行きたいと思う。

天気のせいで、元々のジェット船から大型客船に切り替えることになったので、ゆり子の体験したかった椿染めはできなかった。工房(夢の工房)に行って、見学したし、お土産も買ったが、そうしたらもう港に向かう時間になった。

大型客船は意外に愉快だった。真由喜が階段で遊んだし、ゆり子が昼寝できたし、真由喜も二時間ぐらい寝たので、次回船にするかなと思った。結局家に帰ったのは、午後九時以降だったが、本当に楽しい二日間だった。

ただいま

今伊豆大島から帰って来た。一泊の旅行だったが、椿まつりだったので大変楽しかった。真由喜も楽しんだようだ。和太鼓の演奏はちょっとびっくりしたが。そして、今日の天気のためジェットホイルから大型船に切り替えた。もう遅くなったので、詳しく書くのは、後にする。明日かもしれない。

経済改善

今の金融危機を受け、経済の改善を論じる人は少なくない。確かに従来の制度には深い問題があることが否めない。その上、環境の問題を考えたら、消費者社会を改善する必要もあると言わざるを得ないだろう。しかし、必要な改善は非常に大きいだろう。

消費者社会で、経済の力は、物を消費することから生ずる。だが、環境の問題を考えたら、この構えを抜本的に改善する必要がある確率は高い。物を消費するために、限られている資源を使ってしまうからだ。これを受け取ったら、物を買わないほうがいいと思う人はすくなくない。問題は、ここから始まる。

収入を得る方法は、物や技を磨いて、売れることだ。一般の人が買い物を止めたら、収入も貰わなくなる。実は、それは日本の今の恐慌の原因だと言える。車やテレビが買われなくなって、ソニーやトヨタの利益が激減して、失業者が多く現れる。失業者には経済的な余裕はないので、車やテレビを買わない。だから会社の利益がより低くなってしまうし、また失業者が洗われる。悪循環だ。

改善しようと思ったら、できるかもしれない。ただ、必要なのは、人が仕事を全くしなくても収入を貰うことだ。収入と物売りを完全に無関係にしないと、自然にまた今の状況に戻るようだ。怠け者もお金を貰ってもいいとしても、或る程度ものを作る必要が残る。少なくとも食べ物を培うのは必要不可欠だ。そして、何もしない人には鬱病が発生しやすいと言われている。

より深い問題は、先端技術の作品はいいものだという事実だ。医学だけではなく、通信技術も著しく役立つ。このような利益を保つために、どうしたらいいのだろう。

今のところ、私には答えはない。共産党の提案は、実現したら失敗してしまった。今までの資本主義の解決も失敗に終わっている。貴族の廃止や民主主義の導入のように大きな変化が必要になるだろう。幸い、イギリスで戦争なしにそのような変化ができたので、これから必要になる変化も暴力を避けて導くと望んでいる。

仕事の波:反面

仕事の波が逆行した。幸い、今週だけだが、ちょっとした打撃になるのは否めない。つまり、今週8時間の授業はキャンセルされてしまった。理由はそれぞれだったので、来週続くとは思わないが、今週の授業の半分ぐらいはキャンセルされたわけだ。収入が半減してしまうのは打撃だよね。

自営業には、特に教師の営業には、このような現象があるので、或る程度のキャンセルを毎週予想する。だが、予想するのは、毎週三時間程度だ。(過去の経験を顧みたら、そのぐらいだ。)その三倍に近いことは、ちょっとしたショックだ。今週をゆとりの黒字からかなりの赤字に転落されたのは言うまでもないだろう。

今のところ、来週の授業は20時間に近いので、良好な状況だ。だが、先週のこの時期に、今週の見通しは17時間だった。来週が終わるまでどうなるか分からないね。