入園祈祷

昨日三人で白幡八幡大神にお参りして、真由喜の入園の報告をした。天気もよかったし、大安だったので、初宮詣するために着た家族は多かった。私たちが前もって予約したので、問題はなかった。真由喜もいい子にした。というのは、ご祈祷の間に泣かずに拝殿に座ってくれたということだ。私たちが二礼二拍手一礼をした時、真由喜が参加しなかったが、やはり拝殿の中でするのは新しかったので、ちょっと周りを見て「ここはどうかな」との顔をした。

そして、社務所の中庭で真由喜が池の中の鯉を見て大変喜んだ。凄い興奮ぶりだったので、池の中に飛び込まないように見守る必要があった。

ご祈祷の後で近所のはなやよへい(漢字がなかなか出て来てくれない)でお祝いのお昼を食べた。真由喜がベビーカーの中で寝てくれたので、ゆっくりできたし、話もできた。二人暮らしでも、ちび子がいたらゆっくり話す機会は意外に少ないよね。だから本当によかった。

ところで、神社からのお下がりのなかにクッキーがあった。桜のクッキーで、入園っぽいでしょう。やはり適切なお下がりだった。真由喜と一緒に食べるつもりだ。