「あった!」

最近真由喜がよく使うようになった言葉は「あった!」だ。使い方も正しいし。欲しいものが出てくると、笑顔で「あった!」と言ってくれる。そして、先日何かを探したときに「ない。ない。」と学会した声で言っていたが、見つけたとたん笑いながら「あった!」と言った。

唯一の問題は、私が現れたらも、「あった!」と言うことだ。私は物の扱いになってしまうのか。酷いよ、真由喜。

ラッキー

北川景子さんが先日のブログで自分のキャリアをちょっと顧みて、自分のキャリアは実力ではなくただのラッキーだったと書いた。(そして、イチロー選手の本を読んで、考え方がちょっと変わったとも書いたが、私は取り上げたいのは、この部分だ。)

確かにラッキーなことがあった。北川さんは路上でスカウトされたそうだから、それはラッキーだった。ハリウッド映画に出て来たもラッキーだった。ハンサム★スーツほどいい映画で出演することもラッキーだと言える。しかし、ラッキーだけではないと思う。私のキャリア(というより今までの人生)を見たら同じだ。ケンブリッジに入ることにはラッキーだったし、Ars Magicaと深く関わるきっかけは、ちょうど発表があったときにメールを読んでいたことだ。ラッキーではなければ、何も成功になれないといえるのではないか。

ただ、ラッキーのみで成功できないとも思う。実力と努力は必要だ。実力と努力を報う成功が必ずしも訪れるとは限らないが、実力も努力もなければ、成功になれない。一瞬人気を買うことがあるかもしれないが、活かせないので直ぐに枯れてしまう。だから、北川さんのように数年キャリアを続ける人には、実力も努力があると判断できる。だが、ラッキーも関わるので、まだ成功していない人には実力や努力はないとは言えない。

自分の人生の方針を構えるために役に立つ側面は、頑張って忍耐することは必要だということだ。努力で或る程度実力が入手できるので、努力で成功の条件を整える。ただ、ラッキーは自分が左右できない素質だから、それを待つしかないだろう。条件が整っていることを確認しながら、運を待つことだ。

だが、本当に努力すれば、待っている間にいいことがあるはずだ。自分のできたことに誇れるようになるし、周りの人が、少数とは言っても、誉めてくれる場合も少なくない。努力は報われるとは限らないと認識しながら頑張れば、後悔する理由が見つけられないだろう。だから、私の方針はこれからも頑張ることだ。

ところで、今日は明治大学の卒業式だそうだから、北川さん、卒業おめでとうございます。

眠い

昨日目標を済ますためにほぼ深夜まで起きていた。12時ぐらい寝たら、睡眠時間が僅か6時間に至る。それは、私にとって足りないので、今朝本当に眠い。だが、起きない選択肢はなかった。6時ちょっと前に目が覚めて、もう寝られなくなった。やはり雲雀だよな、私。だから今日早めに寝るしかないと思う。

遅くまで頑張るか早く寝るかという選択にしばしば直面する。容易な選択ではないのは痛感した。頑張った方がいい場合もあるし、寝た方がいい場合もあるが、当時に区別する証拠を抽出するのは本当に難しいからだ。言い換えれば、長期的に両方をバランスする必要があるが、どうやってバランスを取れるかはいちいちに見いだすことは難しい。だから試行錯誤になってしまう。この年齢になっても、まだこのような基本的なことを試行錯誤で探るなど、どういうことかと思うぐらいだが、現実を否めない。

さて、今日早めに寝られるために効率よく仕事を済ましたいので、これから仕事と取り組む。

著作権法

昨日の読売ポッドキャストの社説は、著作権法の改正案についてだった。私に身近な話題だから、真剣に聞いた。

驚いたことに、今のところ日本で違法コピーをダウンロードして使うことは違法ではないそうだ。改正案でそれを改正する着通しだそうだが、これはちょっとややこしい問題だと思う。

まず、ポッドキャストで、法律が変わったら人の認識も変わって、違法扱いが減少する希望は表した。残念ながら、イギリスやアメリカでずっと前から違法だったが、影響はあまりないようだ。このような効果を期待しない方が現実的だと思う。

その上、見るだけが違法だと認める人は少ないようだ。作家として、これはちょっと悲しいことだが、現実なのようだ。自分の作品が好きな人を「どろぼう!」と呼ぶことになるのは、好ましくない。インターネットの時代の前には、本を借りてファンになる人もあったが、それは作家の収入にはならなかった。違いは、インターネットからダウンロードしたファイルを返す必要はないので、ファンになっても作家の収入にならない。

実はインターネットの存在で依然の著作業界の運営の手段が危うくなって来たと私が思う。だから、新しい方法を探した方がいいのではないか。タマオは、私の探索の一つだ。まだあまり儲からないが、それは方法の間違いが、作品の劣等さか、ただの運か分からない。それとも、単純にまだ早いかさえ分からない。新しい方法を探すには、失敗もあるのは当然だが、私の業界で探すべきだと思う。

ただ、当分の間、違法のファイルを使わないでください。作家にはまだ他の生活方法はないからだね。