執筆の泥沼

タマオの執筆を続けている。今、作成の中旬に入っていると言える。すなわち、三分の一から三分の二の間ができた状況だ。もうすぐ三分の二になるようだが、私の経験から見たら、これは執筆の一番難しい時期だということができる。なぜなら、初心の気持ちはもう終わったが、ゴールはまだ遠い時期だからだ。そして、作品に対しての自信などが衰える時期だ。

それは、内容がいいかどうかという心配だ。この作品には目標があったが、その目標に達成できるかどうかはもう曖昧だ。目標といえば、美的な目標を意味する。直接に言葉で表すのは難しいが、(だからこそ小説で表そうとしたが)心が上がるような印象を与えたかったのだ。しかし、作品の展開で大変なことが多くなる。主人公などの苦しみが目立ってしまう。その上、簡単に直せる問題ではないのである。目標に達することに作品の全面的な構造が関わるが、三分の一ぐらいをもう公開したのでもう訂正できない。仮にまだ未公開だったとしても、一からやり直すことになりそうだ。

だから、このまま続くと思う。悪い作品にならないと思うし、読者もいるので構造したところができるまで頑張るつもりだ。これを終わったら、もう一度あの美的な目標を目指して、新しい作品に着手するしかないだろう。私にはまだできない目標なのではないかと思う場合も少なくないが、試さないとできないのは明らかだから、まだ諦めない。