神道を知る講座V〜第7回

今日國學院大學での神道講座が再開した。夏休みの前の六回を前半にして、古代の論争を紹介してもらったが、これからの4回を後半にして、中世以降の論争をテーマとするようだ。だが、主題に入る前に岡田先生が夏休みの出来事についてちょっと話した。

浜松に行って、発掘調査の結果を見たそうだ。祭具の発掘だったのは言うまでもないが、その間案があったそうだ。その案は、現在神社で使われる案とほぼ同じだそうだ。発掘されたものの年代は?5世紀だ。神道で「昔のまま」の伝統を続けるのは主流だと岡田先生が述べた。だが、もう一つのことに気づいたと言った。お供え物は、鉄で作られた物もあった。5世紀には、日本製の鉄はなかったし、最先端の技術だった。要するに、再新品を供えたそうだ。現在に例えたら、液晶テレビを供えるようだ。岡田先生が初めてこのように神道の神事を考えたと言ったが、神道に新しい神事を入れても神道の破壊ではないだろうかという雰囲気だった。

さて、今日は神仏習合の入門と黒田俊雄氏の神道論批判だった。時間を半分ずつにした。

神仏習合は、神道と仏教が絡み合って、影響をお互いに与えた日本の宗教の事実だ。奈良時代から明治維新まで主流は神仏習合だった。神仏習合には、二つの形があったと岡田先生が論じた。

先ず、神のための習合だ。これは、神宮寺のことを指す。岡田先生によると、これは神様の霊験を高めるために、新しく大陸から輸入された祭祀を使うことだった。神祭祀の観念の延長線上のやり方だったそうだ。神宮寺が初めて現れるのは、経済力が強いところだそうだ。理由として、神社は安いが、お寺には大変な費用がかかるということを挙げた。確かに、特に神社建設の前の古代に、神を祭るに費用は少なかっただろう。

もう一つな形は、仏のための習合だったそうだ。これは、お寺の鎮守などのことだ。神様が勧請され、お寺などを見守ることだ。有名な例は、東大寺の八幡神社だ。

このなかで、神仏隔離が続いたと岡田先生が主張した。石清水八幡宮のような神仏習合の味が濃いところでも、神職の祭る場所とお坊さんが祭る場所が区別されたそうだ。神か仏かかまわないというわけはないそうだ。例えば、神社で僧侶が神前でお経を読んだことは普及されたが、逆に神職がお寺に入って、仏像の前で祝詞を読むことはなかったそうだ。岡田先生が知っている限り、史上初のお寺での祝詞は、今年の五月に高野山で行われたそうだ。神道が時間とともに変わりつつあるので、「いいのかもしれません」と先生が言った。歴史的におかしいけどと注意したが。

では、黒田俊雄氏の神道論は何だろう。黒田氏が提唱した有名な歴史的な解釈はいわゆる顕密体制だ。それは、中世の仏教の形は、基本的に真言宗と天台宗のしたで秩序されたという学説だ。仏教史で普通の意見になったそうだ。特に日本以外の学者の99%が維持すると岡田先生が言った。

神道について、黒田氏が「神道なる言葉でいわゆる独立の宗教は現実に存在しなかったのであって、あったのは儀礼の系列だけである」と主張した。これは1975年に発表した学説だが、当時の岡田先生には強い違和感があったそうだ。それは驚くほどではないだろう。結論に近道したら、批判は三つある。

まず、神祇の存在について過小評価をして、神祇を直接に検討しなかったことだ。いつも仏教の史料から神道を検討したので、神道が仏教の一部として現れたという。

次は、普遍宗教の仏教を優位にしたことだ。近代的な宗教観念だそうだ。要するに、日本に土着する神道より、普遍的に適切にする仏教が優れる意見だ。

最後に、「神道」の語義を狭くしたそうだ。近代的な宗教ではないなら、存在さえ否定したそうだ。だから、黒田氏によると、神道が成立されたのは、15世紀の吉田兼倶の時代だったそうだ。独立した教説がある神道は確かに吉田神道で初めて見えると言えるだろうが、その前にも神道があったと岡田先生が強調した。

要するに、仏教史の学者が神道史を誤解してしまったと言える。よくあるパターンだ。専門の範囲から学者がちょっとだけはみ出たら、深く間違えることは多い。

最後に神道の成立期についての様々な説を紹介したが、岡田先生が維持するのは七世紀後半・八世紀説だそうだ。天武天皇と持統天皇の時代に神祇令などで今まで伝わった祭祀体制が設立されたからだそうだ。(式年遷宮や大嘗祭はこの年代で始めたそうだし。)だが、五世紀古墳時代成立説もあるそうだし、演説の頭に紹介した発掘された案を考えたら、この説も無力ではないだろう。だが、認めなければならないのは、仏教やキリスト教のような宗教に神道がなったのは、15世紀だったとのことだそうだ。

いつもの通り興味深い講座だった。次回も楽しみにする。

今日から、また仕事

昨日一日中真由喜の相手になった。真由喜の遊び方がどんどん面白くなったが、まだ私を登ったりするのが大好きなのようだ。絵本も一緒に読んだが、最近「もう一回」と言うようになった。幼児の典型的な発言だから、待っていた。いよいよ始まったと言えるが、同じ絵本を四、五回を読んでもらいたい真由喜の相手になるためにやはり辛抱が必要になる。

今日はまた平日だから、仕事と挑戦する。レッスンはちょっと多くて、編集の仕事も入ってきたので、ブログを書く余裕はあまりない。これからレッスンの準備をする。

頑張る!

多文化教育

昨日川崎市外国人市民代表者会議を傍聴した。今回教育文化部の部会を傍聴したが、主なテーマは多文化教育だった。川崎市の学校で1997年以来あったが、内容は浅いという批判が強調された。授業の描写を聞いたら、分かる。韓国の文化を紹介する授業で、韓国料理を作って食べて、韓国語で挨拶する程度だった。それは、韓国の文化の紹介に至らないと言える。そして、主張された意見は、多文化教育の目標を異なるのは当然でいいという意見を染めることにすべきだという意見だった。

賛成するしかない。ただ、多文化教育の授業は45分だそうだ。45分で料理と挨拶以上ができるのだろうか。一年間の毎週の45分でも、難しいと思う。そして、どうやって寛容的な態度を付けるのか。異文化を知っても、否定的に見る人もいる。理解すれば認めるとは限らない。イギリスの文化を45分で紹介しようとしたら、私がどうすると思った。たぶん、料理になるだろう。ライスプッディングを紹介したらいいだろう。(お米、牛乳、佐藤、バターのデザートだ。大変美味しいが、日本人の最初の反応は不思議そうに見ることだ。)私なら、伝説も紹介するかもしれない。だが、他の授業との構想はなかったら、積み重ねても結果はあまりないだろう。

これから次期の代表者を募集するので、応募用紙を拾った。応募するつもりだが、選考されるかどうか分からない。募集についての事務局の方の態度を聞いたら、普段は応募者は少ないかもしれないと思ったが、今回急増する可能性もある。だが、応募用紙をみて、報酬があることが分かった。そんなに多くはないが、なかったと思ったので、ちょっとびっくりした。

とにかく、応募する。貢献できればと思う。

日本の現像

小学館日本の歴史のシリーズの第2巻を読んだ。これは、テーマ別で日本の古代史を検討する本だ。本当に興味深い。

始まりは、いつから「日本」と「天皇」を使ったのかという問題だ。(結論は、七世紀末だそうだ。中国を怒らせないように選ばれたのではないかということもある。)そして、社会の構想について様々な側面が紹介される。例えば、農業で米の種類はいつから使われたか、集落の形は何だったか、文字の浸透がどう進んだか、地域別の特徴がどのぐらい発生したか、交通網が整ったのか、などなど。古代日本の社会は思ったより複層的で、整ったという結論があるといえよう。

その基礎は、最近の発掘調査で木簡などが沢山発見されたことなのようだ。米の種類名が木簡に発見されたし、朝廷からの命令も木簡で新潟県や岩手県で発掘されたので、政府の直轄が広く及ぼしたようだ。

そして、木簡から字名や小字名が七世紀から受け継がれたことが分かったそうだ。だから、作者の平川南氏が大合併での地名の喪失を歎いた。確かに、地名を歴史的に続けさせても現代の行政には差し支えないようだから、私もそのまま続けてほしいと思う。残念ながら、私の影響力は平川先生のより大幅弱いので、結果はないと思う。

やはり、この歴史シリーズにはまってしまった。もう第3巻を読み始めた。