真由喜との銀座

ゆり子の着物教室はまだ終わっていないので、今日も私が真由喜の面倒をみた。用事があったので、二人で銀座にいってきた。用事と言えば、先ずは鳩居堂で新年飾りを買うことがあった。それは、年明けの前にしなければならないだろう。他の用事は、花のあとという映画の前売り券を買うことだった。公開予定は来年3月だから、緊急ではなかったが、北川景子さんが主演する時代劇だから、必見な映画だ。(ゆり子の許可をもう得た。)

用事を済ましたが、真由喜の可愛い行動について書きたいと思う。親バカの記事だ。

さて、始めよう。銀座に行ってから、渋谷で下車して、東急の東横店で真由喜のおむつを替えた。やはり、おむつ替えシートの殆どは、女子トイレのなかだから、案内所で私の使える場所を尋ねた。男女差別はまだあるが、お子さん用の椅子は男子トイレにも設けられている。替えられた場所はベビー休憩室だったが、自動販売機もあった。自動販売機の中に真由喜がライオンの模様の飲み物を見て、飲みたがった。だが、購入しようとしたら、同じ商品のキリンの模様のものが出た。真由喜は大泣き。キリンさんはダメだったようだ。結局お店の人に言ったが、やはり模様はランドムだったそうだ。だが、私を説得することではなく、真由喜を説得することだったので、店員さんがまた百円を持ってきて、また挑戦した。幸い、今回ライオンさんの模様の商品が出てきた。

真由喜が飲んだが、あまり好きではなかった。やれやれ。

そして、銀座で交差点を渡る前に「信号は何色だろう」と聞いたら、「赤!」と答えてくれた。そして、変わったら、「さ、行こう」と言ったが、真由喜が「あっ、緑になった!」と言った。「日本語で青だよ」と私が言ったが、真由喜が「えぇぇ、緑だよ」と強調した。真由喜はまだ二歳で、文化的な偏見はないはずだから、決まっている。信号は緑だ。青ではない。英語のほうが正しい。