温暖化効果ガス排出量削減

来月上旬にデンマークのコペンハーゲンで温暖化対策についての国際会議が開かれる。だから地球温暖化についての論争がより激しくなったように見える。

対策に反対する人が「対策したら、狩猟採集の社会に戻らざるを得ない」と警告するが、それは大げさだ。江戸時代の日本の温暖化効果ガス排出量は今の1割にも達さなかったはずだが、狩猟採集の社会でもなかったので、今日削減しても石器時代に戻らない。一方、対策に賛成する人が「燃費をよくするとか、断熱をよくするなどだから、問題はなくてもやるべきことだ」と言いがちだ。

今の研究の成果から判断したら、2050年までに排出量を半減する必要があるそうだ。それを世界中に平等に課すために、先進国の削減率は9割だそうだ。10年ずつに考えたら、10年に4割減を目標とする必要がある。要するに、2020年までに40%削減は必要だ。日本の世界中の国を抜け出す25%削減の目標も明らかに足りない。

これは、自動車の燃費をよくすることでできない目標だ。

実は、25%の削減は、そういう今の社会に利益をもたらす方針で実現できる可能性はあると思う。努力する必要があるが、家の断熱を一段落よくしたり、自動車の燃費もハイブリッドのレベルにしたり、冷房と暖房の設定を28度や18度にしたり、電灯をLEDにしたりすれば、できなくはないだろう。政府の促進は必要だが、経済に刺激になる可能性もある。運が良ければ、この方法が40%削減も実現できるだろう。これはやるべきだと思うし、地球温暖化を信じない人も否めないだろう。利益ばかりになるからだ。

だが、それは2020年までの目標だ。2021年から2030年までの間に同じような削減は必要とされている。現在の技術で、それは現在の社会構造のままでできない目標だろう。そして、2031年から2040年までの間にまた同じ目標がある。2041年から2050年までの間にも。

実現するために、新しい技術も社会の変更も必要だと思わざるを得ない。だから、狩猟採集の社会にならないが、大きく変わるはずだ。私有自動車がなくなるだろう。お肉は、週に一回以下しか食べられないだろう。(お肉には沢山のエネルギーが使われているからだ。)そのような変更は不要であれば、強いるべきではないのは明らかだ。だから、研究の成果を信じない人がそれに反対しても、批判するのはちょっと難しい。

そういっても、問題は本当な問題だと思うので、取り組むべきだと言いたいのだ。取り組むために、これからもうできる対策を全力で促進しながら、他の方法を見つけるための研究も促すべきだと思う。2020年までに、25〜40%削減を実現するだけではなく、2021年からの25〜40%の削減の方法も見つからないといけないからだ。同時に、気候の研究も進めるべきだ。より詳しく問題が分かったら、どうやって効率よく取り組めるか分かって行くからだ。

20年先のことをちゃんと考えてくれる政治家はいるのかな。

風邪と睡眠

日曜日の風邪はまだまだだ。日曜日は、やはり結局家で休んだので、ちょっとましになったが、鼻は詰まっているし、疲れやすい。その結果、昨日8時台に寝てしまった。その報いとして、今朝4時ぐらい目覚めてしまった。ベッドのままで休んだが、ちゃんと眠れなかった。やはり風邪のせいだよね。今日の午後にレッスンは沢山あるので、頑張らなければならないが、レッスンが終わったら早めに寝ると思う。風邪がすぐに治るように。

移民と文化

他国に移住すれば文化の問題が発生する。国によって文化が異なるので、移住すれば生まれ育ちの文化と異なる文化の中で生活することになるのは避けられないことだ。この現実とどうやって取り組むべきなのかという問題がある。

一つの意見は、移住する人が元の国の文化をそのまま保つべきだということがある。だから、移民がいる国が多文化社会になる義務があると述べる。私は、やはり賛成できない。別な国に移住すれば、自分の生活を変える予定で移るべきだ。食生活を始め、様々な日常的な点を保とうとすれば、段々大変な問題に積み重なる。費用が多く必要になるし、周りの環境がいつも生活に邪魔をするからだ。費用の問題は明らかだろう。日本で洋風のベーコンが食べたかったら、輸入品しかないので、値段は高い。チーズも同じだし、イギリス産のチーズはなかなか入手できない。(それは悲劇だと思うが、今日のトッピクと別な話題だ。)環境が邪魔になることは、日本人の普通の生活が円滑に進めるようにお店などが構えられたからだ。別な生活を送ろうとしたら、商品の位置などが不便になるのは当たり前だ。そして、移住を決めたのは、移民だ。行き先の国ではない。だから、変わる義務は、移民にあると私が思う。

一方、前の文化を完全に塗り潰すべきもない。どこの国でも、文化は完全に均一になったというわけはない。日本は多分世界的な立場から見たら特に気質な国だと言えるかもしれないが、東京の文化と大阪の文化が異なるのは常識だ。青森県の文化も考えたら、やはりある意味でもう多文化社会だ。そして、国の文化には輸入された要素は多い。イギリスなら、キリスト教は渡来した宗教だ。日本なら、仏教はそうだ。移民の文化が日本の文化と接して、新しい価値がある日本の文化を産む可能性は高いと私が思う。イギリスでカレーなどの食生活が移民の影響で大きく改善したと言えると思う。

だから、重要なのは、外国から来た人が新しい国(新国?)の文化に溶け込める措置だ。日本の場合、外国出身の歌舞伎役者や茶道の達人がびっくりするほどではなかったらいいと思う。日常的なレベルで、道を開いて、歩みやすくしたらいいと思う。鎖国せずに文化を守るのは、外国人に文化を開くことだと思う。今の顕著な例はアメリカの文化だ。外国人には解放されるが、世界中一番強い文化だとも言える。

会話

昨日真由喜との会話をした。たぶん初めてちゃんとした会話だったのだろう。というのは、纏まった話題で、数回のやり取りをした会話だった。まだ簡単だったのは言うまでもないが。要するに、どちらの椅子は真由喜の椅子なのかという話だった。

「ここで座るか。」

「ちかい。ここは真由喜の椅子。」

「これは真由喜の椅子でしょう。」

「いや。ここで座る。」

など。文章はちょっと長い方だったし、ちゃんとしたやり取りもあったので、本当の会話だったと思う。もう少し深い内容がある会話を楽しみにする。