2009年を振り返って

北川景子さんのブログから話題を借りさせていただく。(これほどの表現は、著作権対象外だからね。)一年が終わったら、ちょっと反省するのは当然だよね。

今年と言えば、家は真由喜のことだろう。一年中いちいちここで投稿してしまったので、纏めにする。言い方はちょっと変だろうが、人間になった一年だった。自分の意志が分かってきて、周りの人にちゃんと伝えられるようになって、目の前のこと以外が覚えられるようになった。そして、私の扱いで説明などが友好になってきた。例えば、アメリカからの帰りの飛行機の中で、真由喜が前の席を蹴った。私は、「蹴っては行けないよ。席にひとが座っているので、蹴ったらその人の気持ちが悪くなるからだ。いい?」と言って、真由喜が「うん」と答えて、蹴ることを止めた。そして、「今食べれないが、後で食べよう」とか、「持ってくるので、マミーと待ってね」など言ったら、真由喜が納得してくれる。赤ちゃんの時期には全く無効だったのはいうまでもないだろう。

そして、真由喜には穏やかな性格があるし、フレンドリーな態度も目立つし、おしゃべりが本当に上手になってきたので、心配することは全くないのだ。(親バカだろう。)言われるようになったのは、幼い頃は素直なら、思春期は大変だということだ。真由喜が例外になるように努める。なぜなら、大変な思春期で一番苦しむのは、親ではないからだ。

真由喜が保育園に入園したことと同じように、ゆり子が仕事を再開したし、着物の勉強を無事に終えた。ゆり子はもう着物コンサルタントの資格を持っているので、これからどう活かすか考えている。

私の仕事のことを考えたら、英語講習と執筆がある。英語の授業が結局上手くいったと言えるだろう。年始には止めた生徒さんも休む生徒さんも多かったが、再開した方も、新しく始めた方も多かったので、現時点で状況は良好だ。アメリカにいたうちに問い合わせが何回も入ってきたので、新年により向上するのだろう。教えること自体はまだ好きだし、生徒さんは個性豊かな方が多いので、この方に教えることも面白くて興味深い。私の勉強にもよくなる。例えば、日本の歴史を研究する学者に英語の論文のアドバイスをしたら、自ずと日本の歴史の理解も深まる。去年のこの時点で授業は良好だったと思ったが、年明けと一緒にちょっとした危機があったので、今回同じことにならないように。

そして、作品と言えば、2009年はタマオ。もう完成だ。作品として悪くないと思うが、私には欠点が見えるようになった。だが、いつもそうだ。この経験から習って、次の作品に活かすしかない。作品の目標は大失敗ではなかったので、大丈夫だ。

一方、営業面から見たら、大敗だった。広告に出した出費が収入を大きく上回った。ネットの経費もあったし、作成の報酬も欲しかったので、完全にダメだった。だが、作家にはこういうことは多いそうだ。(ここの「作家」は、広い意味で使う。小説などだけではなく、歌も映画も漫画も絵画も。)諦めずに頑張るしかないので、来年も一生懸命する。

仕事以外、日本の文化と触れる貴重な機会にも恵まれた。雅楽、茶道、神道などのことを体験して、実感できた。日本の文化が大好きだとは改めて思ったので、まだまだ日本に住みたいのだ。今年申請した永住権は、来年貰えるように。