掃除と病気

今日から現在のマンションの報告は公開されるそうだから、昨日掃除を始めた。私ができた分は、オフィスの机の上しかなかった。意外に時間がかかったが、奇麗になったし、書類の整理も或る程度できた。今日も進めたいのだが、床に積まれた書類は次の仕事なのかな。

だが、今朝吐いてしまった。原因は全く不明だし、気分はもうちょっと回復している。昨日の晩ご飯がお腹に合わなかっただろう。幸い今日は休みの日なので、様子を見ながら進んでもいい。だが、やりたいこともやるべきこともいっぱいある。それに加えて、数日前からゆり子には苦しそうな咳があるが、なかなか治らない。今日病院に行くかどうかを考えている。(私は行かない。そんなに酷い病気ではなさそうだから。)

真由喜が元気のままであるといいな。まだ眠っているので、まだ分からない。昨日昼寝をせずに九時まで起きていたので、長く眠っている。そういえば、寝る前の真由喜は面白かった。食べていた間に眠くなって、抱っこを求めた。寝るように見えたが、ちょっと目覚めて絵本を頼んだので、読んであげた。それは、まだ私の晩ご飯の途中だったので、読み終わったら私が食卓に戻ろうとした。

「真由喜も食べる!」と言って、真由喜が私と一緒にリビングに戻って、もりもり食べた。それから、歯を磨いて寝た。どういうことのかなと思ってしまった。やはり幼児は、変わりやすいよね。