真由喜の近況

最近真由喜について書いていないような気がするので、真由喜の近況をちょっと披露する。

いつもの通り元気だ。ちょっと風邪をひいたようだが、鼻水の流れに過ぎなかったので問題ではなかった。

では、成長の面で二つの点について書きたいと思う。先ずは、数字のことだ。真由喜が一から十まで日本語でも英語でも数えられるようになった。物が数えられるかどうかはまだ微妙だというか、できないだろうと思うが、数字の言葉や順番が分かって、言えるようになった。私かゆり子かと一緒にだけではなく、一人で自発的にも数える場合もある。

そして、ルールのことだ。妥当なやり方に敏感になって、私とゆり子が従わないと怒ることもある。例えば、月曜日にゆり子が「オフィスはダディーの部屋だ、キッチンはマミーの部屋だ、リビングは真由喜の部屋だよ」と言ったら、真由喜がオフィスに入らないことにした。そして、ゆり子が入ろうとしても、真由喜が怒って、「ダメだ、そんな」と言った。そして、昨日の夕食の時に、真由喜が私を呼びにきた、私がリビングに言ったら、真由喜が椅子まで指導して、座らせた。その後、自分の椅子に登って、頭を軽く打っ付かってしまった。泣いたので、私が立ち上がって、抱こうとした。しかし、真由喜がまた怒って、「座ってよ!」と言った。やはり、私が椅子に座る時間だった。

ゆり子が言う通り、真由喜はもう幼児から子供に変更しかけている。次の段階の楽しみだよね。