何かを止めるべきのか

昨日の疲労の気分を考えて、先週の同じように気分と合わせたら、私の仕事は多すぎるのかなと思わざるを得ない。そうならば、何かを止めたほうがいいだろう。

だが、何を止めたらいいのかと訊いたら、それは容易ではない。

教えることを止めるわけにはいかない。それは、食べるための収入を得るための仕事だ。そして、編集の仕事を止めるべきではない。それも、稼ぐ仕事で、家計に貢献する。読書の量をもう減らした。テレビをもう見ないし、真由喜との時間を削ることはよくない。睡眠時間を節約したら、ただ今起こる問題に繋がる。

戸惑う。

何をしたらいいのだろうか。