真由喜の近況

最近真由喜が風邪をひいたようだ。咳が出るし、昨日の夜中に咳の弾みで吐いてしまった。真由喜が勿論泣いたが、私がベッドの掃除をしていた間に、ゆり子の腕の中でまた寝たし、今朝は元気だった。咳はまだちょっとあるが、病気だとは言えない。今夜も様子を見るが、病院に行かずに済むと思う。

それ以外、真由喜の状態は良さそうだ。音楽と踊りは大好きで、保育園で友達と楽しく遊ぶそうだ。家でも、歌を歌ったり、躍ったりすることは多い。英語で歌うこともある。そして、絵本を読んでもらうことを積極的に求めるようになったし、自分で絵本を玩具に読む遊びもする。本と親しめる真由喜の姿を見たら、私は感動する。もうすぐ真由喜のためのストーリーが書きたいと思う。

そして、日本語はまだ上達している。先日ゆり子と一緒に新居に行く前に、私のオフィスに来て、ドアから「僕はね、今新しいお家に行くの」と言った。確かに女の子として「僕」と言わない方がいいし、自分の家を「お家」と呼ばない方がいいが、2歳半で許せる誤りだと私が思う。それは親バカではないだろうか。

やはり、真由喜と一緒に生活をすることは、大変楽しいことだ。だから、たまにブログで自慢することはやりたくてたまらない。お許しくださいませ。