歯は長いって

昨日また歯科に行ってきた。予定は、治療用ゴムを歯の根に積み込んで、銀歯の基盤を固まることだった。

が、積み込んでレントゲンを撮ったら、そこまで至らなかったことが分かった。歯医者さんによると、それは私の歯は、東洋人の歯と違って、大変長いからだそうだ。神経の管の掃除をする針の長さは、21ミリで、歯の長さも21ミリかそれよりちょっと長いそうだから、完璧に掃除できなかった。なるほど。体の長さはやはり袴もズボンもシャーツも問題にするし、ドアの上の壁とも打っ付かるが、治療も問題にするとは思わなかった。(ところで、最初に撮ったレントゲンで長さが分からなかったのだろうか。習慣の影響は強いだろう。)

二つの提案があった。一つは、歯の残りを完全に削って掃除すること。もう一つは、より長い針を使って、時間を取って掃除すること。二つ目にした。虫歯で歯の真ん中や一側が取られたので、器具の不具合で残りを失うのは、もったいなく思ったからだ。だから、また口を大きくして、掃除をさせた。痛かったところもあったが、まだ終わっていないそうだ。明日また行く必要があるという。

やはり、外国人にとっては、日本の生活の不便もあるよね。