氏名の表記

私の氏名の表記は、日本人には問題を与えるようだ。名字の「Chart」はいつも「チャート」になるが、名前の「David」は難しい。外国人登録証明書に記載された通称は「デビト」だが、このブロゴの肩書きには「デイビッド」がある。そして、白幡八幡でご祈祷の時に授与したお札には、夫々のお札に夫々の表記が見える。そして、漢字の氏名も欲しいと思う。だからこの投稿で候補について考える。

パソコン版の日本語辞書で、読み方で引けるので、便利だ。名字から始めよう。

「チャ」と言う音は、「茶」と「楪」しかないようだ。そして、「あと」と言えば、「後」、「跡」、「痕」などがある。「茶痕」の読み方は当てるが、意味は「お茶のシミ」に近いので、ちょっと避けたいと思う。確かに「御手洗」ほど恥ずかしくないが、好ましいとは言えない。「茶後」の方がいいと思うが、漢字の意味はまだ優れていない。

では、他の選択肢を考えよう。「ちやあと」の漢字を組み合わせたら、それも「チャート」になる。「血蛇痕」は読み方で可能だが、意味はやはり悪い。名前で使える読み方を見たら、「和悦英吉」も「ちやあと」の読み方があるようだが、当て字になって、誰も読めない名字になりそうだ。意味はいいけれど、漢字も多い。最適ではないと思う。意味は本当にいいけれども。

それでは、名前はどうすればいいだろう。デビトよりデイビトのほうがいいので、それに当たる漢字を探そう。「出夷民」というのは候補だし、意味も当たると言えるが、何となく好きではないよね。もう少し探したら、「豊祖智」は可能なのようだ。また珍しい読み方だし、最後の「智」の「ひと」を「びと」にする必要があるが、意味はいいよね。「出井人」はより読みやすいが、やはり意味をちょっと考えたいのだ。「出胃人」も可能だが、事実に近すぎる恐れがあるので、使わない。「出去人」も候補になるそうだが、ちょっとここに居たいのでこれもしない。本当に候補になるのは、「出亥人」という組み合わせだ。亥年だから、事実と関わる。「禰敏利」も「でいびと」という読み方があるようだが、「びと」は辛うじて読めても、「禰」を「でい」と読む人はあまりいないだろう。「禰智」も「でいびと」と読めるが、自然にそう読む人はいるだろう。

今ネットで検索して、法務省の名前に使える漢字のリストを見つけた。あそこでも検索できるが、「智」の「ひと」の読み方はないので、無理だろう。(「茶後」が「ちゃあと」になるので、問題はない。)「禰」の「でい」の読み方があるし、「び」で「彌」があるし、「と」で「杜」があるので、「禰彌杜」は「でいびと」だそうだ。別な書き方で、「祢弥杜」も「でいびと」だそうだ。読者のうちにそう読める人がいるのだろうか。

ゆり子とちょっと相談したら、やはり誰も「和悦英吉」が読めないので、止めた方がいい。そして、「茶後」の意味も悪くないし、文化人の印象があるそうだし、それに読みやすいので、それにした方がいいだろう。でも、名前はまだ問題だ。