迷子

今日溝の口で新しい生徒さんとの面談があったが、いつものように歩いて帰った。川添の裏道を歩くが、今日途中で一人でバックパックを背負って道を歩いている2歳ぐらいの女の子を見た。ちょっと探したら、保護者の気配はなかったので、止まった。日本は如何に安全な社会だといっても、2歳は一人歩きにはちょっと若いと思わざるを得ない。事件に遭わなくても、事故に遭う恐れは多いからだよね。

話しかけたら、「お家はどこ?」と聞いて、「分からない」との答えがあった。まぁ、2歳だから当たり前だろうと思ったが、見守りながら「お家はここですか」「この道ですか」と聞いたが、寄り道しながらある方向に向かった。道路だったので、車が来ると安全な場所に連れた。結局、アパートへの階段を登り始めたし、上にお父さんの姿が現れたので、無事に終わったし、私が次の授業にも間に合った。

だが、その時思ったことは、イギリスであれば止まらないだろうということだった。なぜなら、イギリスで成人の男性が子供に声をかけたら逮捕される恐れがあると思われるからだ。それは、虐待、誘拐、性的な暴力に繋がると思われるようだ。実は、数ヶ月前にイギリスで同じようなことがあった。2歳の女の子が一人で散歩に言って、池に落ちて溺れてしまったという事故だった。歩いている女の子に男性が目撃したが、声をかけることはできなかったそうだ。この側面から見れば、日本の社会のほうがいいと思う。

「迷子」への1件のフィードバック

  1. こんばんわ
    イギリスへ行たことはあるけど
    同行の先輩は公園へ行たら、知らない子供に石を投げられて
    すると子供をつかめたら(なぜいたずらするのかを聞きたいだけ)
    周りのイギリス人はすく介入してきて、警察まできた…

    成人の男性が子供に声をかけたら逮捕される恐れがある…
    …んなるほど、イギリスにはそういう風俗あるんだ

コメントは受け付けていません。