大分事件

最近大分市で永住許可を持つ中国国籍の女性が生活保護を申請したが、拒否された。市を相手取りに訴訟して、地裁の判決が下された。その内容は、外国人には生活保護を受給する権利はないことだそうだ。

当人は、日本生まれで、もう78歳になったそうだから、税金をちゃんと納めたとも推測できるが、判決が経済力に触れずに国籍そのものが申請を却下する議決に足りるとの内容だ。国籍で貧窮に送るのはいかがなものか。

確かに先月日本に初めて着陸してばかりの外国人に生活保護を受給させる義務は一切ない。しかし、このケースはそれと全く違う。当人には永住許可があるし、それに日本生まれだ。国民ではないとは言え、社会の一員だとは否めないだろう。

この判決が参政権の問題にも触れる。外国人の参政権に反対する人がよく「税金を納める報いとして、日本人と同じ利益を受けるので、参政権を与える必要はない」と言う。だが、ここで明らかになったのは、同じ利益を受けないことだ。だから、このような論議には説得力が無くなった。現実はこうであれば、参政権を与えない限り、「外国人控除」を設けるべきなのではない。全額免税する必要は確かにない。外国人が受ける利益もあるからだ。秩序とか道路の整備などはそうだ。一方、生活保護のような福祉に注ぐ支出の割合と相当する割合で控除すべきだと言いたい。生活保護などを受給する権利はなかったら、参政権はない限りその保護を支持する義務も倫理的に発生しないと思える。

滞在資格や滞在期間の条件を設置することはもちろんいいけれども、受給する権利を与えないことは根本的な間違いだと思う。法律上そうであれば、今国会で法律を改善すべきだと私が思う。

文章の伝える感情

拙ブログを読んでくださる生徒さんに先日書いた投稿の雰囲気についての貴重な注意を頂いた。それは、選んだ日本語のニュアンスが乱暴な言い方になってしまって、失礼な批判になったことだった。

申し訳ないことだ。直接に意見を伝えるようにするが、乱暴で失礼な言い方が基本的に避けたいのだ。ただ、日本語は母国語ではないので、ニュアンスについての知識や認識はまだ不十分で、このような問題が発生することは驚くほどではない。日本語の言葉遣いについて勉強を続けて、徐々に適切な言い回しが出来るようになると望むが、どのぐらい時間がかかるのか、悩ましいのだ。もう十年間の勉強の成果でただただこのようなレベルに辿り着いたので、雰囲気を含む文章を構えるようになるには、寿命が足りないおそれもある。

文法的な間違いも指摘していただいたが、それも仕方がないと思う。日本語の読書の量が増やしたいのだが、暇は大変限られているので、出来そうもないことは事実だ。だから、諦めずに続いて、永眠に着く前に完成できないことに覚悟するしかない。

要するに私の言葉遣いには不適切な表現が混ぜたところは、予めご了承の上、お許しくださいませ。

時給上げ

昨日、生徒さんの一人に時給を上げていただいた。私が何も言わなかったが、生徒さんが自発的に授業料を上げてくださった。追加のお金はもちろん嬉しいが、このような具体的に授業の内容を評価してもらうのはより嬉しいだろう。もちろん、生徒さんが止めない限り授業の内容には大きな問題はないと信じてもいいし、生徒さんに褒めてもらったら嬉しいが、お金はお世辞ではないことは確かだ。本音ではないと毎回お金を出さない筈だからね。

だから、ありがとうございます。

では、今日の投稿が自慢ばかりになってしまったが、宣伝として捉えていただいたら助かる。

若宮八幡宮

神社の本殿
若宮八幡宮の本殿で仁徳天皇が祭られる。
月曜日に二つの神社にお参りした。女躰神社にお参りしてから、川崎大師に近く鎮座する若宮八幡宮に向かった。若宮八幡宮の本殿で応神天皇の御子の仁徳天皇が祭られるそうだ。社務所の方にそう言われたら、私が「あっ、だから若宮八幡宮」と言ったが、神社の方がびっくりしたようだった。「専門家ですか?」と聞かれたら、まだまだだというしかないが、やはりこの関係は広く知られていないようだ。

「若宮」と言う社号が普通に御子神を祭る神社を指す。春日大社の若宮神社は有名な例であろう。そして、八幡様が応神天皇であることは、昔から言われる。だから、仁徳天皇といえば、応神天皇、即ち八幡大神の御子だから、仁徳天皇を祭る神社は当然「若宮八幡宮」という。ちょっと疑問になる点は、この神社を八幡信仰の一環として捉えられるかどうかということだ。関係あることは明らかだが、例えばイザナギ神が天照大神と関係あるが、イザナギ神を祭る神社は伊勢信仰の中に含まれない。決断するために祭祀の形を見る必要があると言えよう。

金山神社の本殿と男根の彫刻
金山神社の本殿。男根の彫刻は右下にある。
しかし、若宮八幡宮の祭祀と言えば、境内社の金山神社の祭祀が先に思い浮かぶ。金山神社のご祭神は、金山彦と金山姫だから、夫婦神でもあるし、鍛冶とも深く係っている。金属の業を営む人からの奉納されたものが確かにあるが、現在の金山神社の主な神徳が可成り違う。有名なかなまら祭で、御神輿には巨大な男根が載せられるし、神殿の隣に男根の彫刻もある。

この現象が江戸時代に生じたそうだ。川崎は、東海道の宿の一つだったので、旅人をもてなす商売が繁栄した。その中で飯盛り女もいたが、その女性の方が金山神社で性病除けなどを祈願するようになったそうだ。習慣になるについで、範囲が広がったようだ。子授けを始め、夫婦和合などの祈願も盛んになったという。確かに金山神社のご祭神が夫婦であるし、本殿のご祭神が他の神様の御子神として祭られるので、この境内で親と子が祭られる。(確かに夫婦の子ではないので、養子との関係も生じても不思議ではない。)今金山神社の前の絵馬殿の絵馬を見たら、子授けの祈願とそのお礼の絵馬が多いようだし、私がいた家に初宮参りの予約をする為に或る人がお参りした。つまり、神徳といえば、子供関係の祈願が主流になったといえるようだ。

金床の上に鉄の男根
絵馬殿のなかに立つ金床。神様の両面を表す。
そう言っても、確かに神殿の前に男根の彫刻を建てたり、幟にも絵馬にも男根の絵を飾ったり、絵馬殿の屋根裏に男根になった七福神の宝船の絵も飾ったり、お守りにも男根を描いたりすることは珍しい。しかし、神道の歪曲ではないと私が思う。むしろ、伊勢の神宮の祭祀、いや、それはちょっと過言だから、神田際と同じように神道の正統を表すと言えよう。どこの神社でも独特な祭祀があるので、この神社の独特な祭祀を否定するわけにはいかない。確かに見た目で面白いが、面白くなることはいいことなのではないか。

ただし、社務所の方と話したら、かなまら祭に外国人が多く集まることが分かった。それにたいして複雑な気持ちを抱く。一方、当然なことだ。性的なことが人の興味を惹くし、日本の独特な現象でもあるので、観光客に魅力的であることは否めない。それを認めても、まだこれだけを見たら日本や神道の印象が歪むと思わざるを得ない。男根を掲げる神社は少ないので、割合が分からなかったら、意味も分からない。

しかし、どこの文化でも、イギリスの文化だの、アメリカの文化だの、そとからよく分かることは難しい。いや、中から全面的に分かることも難しい。だから、このような祭で神道の誤解を抱く人が生じても、仕方はないだろう。

結局、面白い神社で、面白い祭だし、面白いからこそ神道の強みもなる。