鍵はもちろん?

昨日の投稿で、「鍵はもちろん効果がある」と書いたが、早すぎた。ゆり子がゴミを出す為に出かけようとしたら、補充鍵を開けることはできなかった。私が手伝ったら、開けられたが、鍵で閉めたら、また開けられなくなった。午後に業者さんが来たが、私が問題を指示したら、「あらら」という反応で、「やはり、馬鹿なお客様ではなく、不良品だ」といわんばかりの顔をした。そして、数十分調整と挑んだが、結局商品自体が壊れたと判断して、取り替えになった。幸い、もう一つの鍵はまだ大丈夫だから、部品の入荷を待っている間にドアに施錠できる。

残念ながら、年内にできるとは思えないので、家の工事が新年に及ぼすようだ。

鍵とペアガラス

ここに引っ越して以来、玄関ドアの鍵を交換する予定があった。先ずは、今の鍵が建築当時からの鍵で、先端技術が使われないのはもちろんで、ピキングに弱い形式だ。そして、前に住んだ人にも鍵があったので、どこかで私たちの家に入れる鍵が流出している可能性もある。交換するのは常識だろう。

だが、問題は業者探しだった。信頼できる業者をどこで見つけるかで迷った。だから、大規模修繕の業者から室内工事についてのチラシの中に鍵交換のことが掲載されたら、お願いすることにした。業者には問題はないことがもう分かったし、管理組合からの鍵交換の許可も一般的に得たので便利だった。(玄関ドアは共有部分だから、乱れに交換することはできない。)

そして、同じチラシにペアガラスの紹介もあった。ペアガラスには省エネの効果があるし、防音も機能もあるので、それも注文した。

工事は昨日だった。意外に早かったし、私たちの生活に邪魔にならなかった。そして、鍵はもちろん、ペアガラスにも効果があるようだ。静かになったような気がするし、キッチンが暖かくなった。ペアガラスはやはりちょっと気になる。効果は一目で見えることはないし、それにお金がかかる工事だし、だから「本当に良かったのかな」と迷うこともあるのは予想できた。だが、今のところ、効果がありそうだから、それほど心配しない。

これで、家の大規模工事が終わる。その為のお金も終わったので、暫くの間引っ越すなどできないと思う。

真由喜のクリスマス

真由喜がしっかりとプリングルのお菓子を抱える
私の物だ!食べちゃダメ!
さすが真由喜。起きたらすぐにプレゼントを見せたし、すべては真由喜の物だよとも教えたが、「音楽教室に行ってから、ご飯を食べる。そして、食べてからプレゼントを明ける。」と教えたら、真由喜が納得してくれたし、開けようともしなかった。感動した。この習慣は、私がちゃんと覚える時期から実家の習慣だったので、家のにも導入したかった。クリスマスの楽しみの一つは、プレゼントを予想することだから、起きたとたんすべてを開けたら、クリスマスの醍醐味を失うと思う。

真由喜とゆり子が音楽教室で歌った間に、私がご飯の準備を始めた。ターキーを用意したり、スーパーに行って必要な物を買ったりしてから、実は真由喜と一緒に帰ることになった。そして、私が調理した間に、真由喜がゆり子と遊んだ。クリスマスの日だから、お菓子は食べ放題だが、真由喜がプリングルにはまってしまった。独占して、箱を放さなかった。

だからと思うが、クリスマスディナーが出来上がったら、真由喜が積極的に食べようとしなかった。幸い、ゆり子が食べてくれて、「美味しい」とも言ってくれた。実は、私も今年ターキーの調理が上手くできたと思うので、ちょっとメモを取っておいた。来年も同じような調理するつもりだから、この風なターキーは、真由喜にとって伝統的なクリスマスになりそうだ。真由喜のクリスマスディナーは、ポテトとケッチャップになった。まぁ、私がポテトを用意したし、ケッチャップはクリスマスの赤だから、悪くないだろう。

真由喜がプレゼントに囲まれ、ゆり子と一緒に絵本を読むそれから、やっと、真由喜の待ちに待ったプレゼントだった。大変積極的にプレゼントを開けたし、開けたら暫くの間新しい玩具と遊んだので、一時ぐらいプレゼントが楽しめた。目立った反応は、母からのトーマスの箱と玩具だった。包装紙の下からトーマスの顔が現れたとたん、「わぁぁぁ、トーマスだ!」と笑顔で言った。父から貰った子供向けのゲーム機にも夢中になったし、ゆり子のご両親からの絵本も読んだし、私とゆり子からの車とも遊んだので、つまらなさそうなプレゼントはなかった。どちらが長期的にお気に入りになるかは、見るしかないけれども。

結局楽しい家族のクリスマスが過ごせた。プレゼントとイギリスとのビデオチャットの後で、真由喜が『お猿のジョージ』というアニメのクリスマススペシャルを三回見たし、「感謝すること」をしたら、「『お猿のジョージ』のスペシャルを見たことです」と真由喜が言った。家族でのご飯ではないのか。まぁ、三歳でまで正直で素直だよね。本当にいい一日だった。

メリークリスマス

小さいクリスマスツリーの周りにカードが置いてあるし、下にはプレゼントがある
プレゼントは、真由喜の物ばかり

今日はクリスマスの日で、私が仕事を休んで、クリスマスディナーを調理する。今レシピーを確認したので、10時ぐらいから始めたらいいようだ。去年まで真由喜がクリスマスのプレゼントなどをよく理解しなかったが、今年ひたすら参加できるようになったと思うので、楽しみにする。イギリスの習慣のプレゼントをクリスマスディナーを食べてから明ける習慣をもう導入できるかな、真由喜なら我慢できるかもしれないが・・・