初注文

題名が最後になるが。

昨日はゆり子の美的な日になって、美術館と美容院に行ってきたので、私が真由喜の面倒を見た。私がちょっと寝坊したので、私が起きたら、真由喜がもう「しん公園」に行きたがった。しん公園というのは、近所の東高根森林公園だ。ボールを持つように言われ、一緒に出発した。天気は、予報よりよくて、気持ちよかった。一日中真由喜の成長ぶりは感動的だったので、今日の投稿は親バカの逸話に占められる。

では、郵便局によって、ATMを使った。その間、真由喜がロビーにある椅子に座って待っていたが、椅子の上に宣伝のチラシが載っていたので、真由喜が隣のテーブルに移して座った。そして、出る時にチラシをちゃんと椅子に戻した。同じように、帰ってからリビングに玩具が散らかしていたことを見て、「片付けよう!」と自発的に言って、私と一緒に片付けた。それに、一番感動したのは、寝る時間になったら、パジャマを拒否した。(結局洋服のまま寝た。)だが、ちょっと癇癪したのに、パジャマを投げたり捨てたりしなかった。むしろ、パジャマを持って、クロゼットまで運んで、パジャマの収納のところに入れた。

真由喜が落ち葉の中に座って、自分を埋めようとする
三歳でこのような遊びはいいよね
しかし、真由喜が奇麗好きになったとは言えない。森林公園についたら、ボールと遊んでから、落ち葉が多いピックニック広場に行って、真由喜が落ち葉の中で遊んだ。自分の上に落ち葉を浴びることは楽しそうだった。幸い、恒例の青いアイスクリームを食べる前に手を洗ってくれた。ボール遊びでは、ボールを無くならないように優しく遊ぼうとも戒めたことがあった。行動の結果に敏感になり始めたように見えるので、これも重要な成長だ。

夕方になったら、ゆり子と合流してお寿司を食べに行った。長く待つことになったが、その間ゆり子が真由喜に「森林公園」の発音を尋ねた。ゆり子によると、今日電車で私のわが子のブログを読んだそうだから、真由喜の発音が気になった。確かに「りん」は聞こえなかったが、真由喜に数回聞いたら、結局「しん・りん・こう・えん」とはっきり言ってくれた。私たちの会話を聞いて、適切な反応を決めるようになった。同じように、来月ゆり子と真由喜がゆり子の実家に遊びに行くときの新幹線の切符の話をゆり子としたら、真由喜の座席も予約することを明らかにしたら、真由喜が急に「ありがとう!」と言った。やはり会話の内容が分かってきたよね。

さて、いよいよ待ちに待った題名だ。寿司屋さんで真由喜があまり食べなかったが、最後にメニューでポテトフライを見つけて、欲しがった。だから、自分で注文させた。開店寿司だったので、大きい声を出して「すみません、ポテトフライください!」と注文した。ポテトフライがちゃんと届いたので、注文は有効であることが分かるだろう。

「初注文」への2件のフィードバック

  1. 「ポテトフライ」がちゃんと言えてすごい。
    私などは、「ぼれろふらい」になってしまって笑われることがあります。
    ところで、”French fries” ともいうんだよ、とは教えないのですか?

  2. @空様、 私はイギリス人ですから、”chips”と言います。あいにく、真由喜がアメリカ英語を習う傾向が強くなっているようです。

コメントは受け付けていません。