国家の役割

最近国家の役割について考えている。まだ考え終わっていないが、今の考えの概ねが書きたいと思う。具体的に書いたら、よりはっきりになって、私の考察に貢献する。つまり、この投稿で説得するより、正確に私の考えを伝えようとする。

根元は、自由だ。理由は二つある。先ず、人間の自由そのものはいいと思う。自由を増したら、それでいいことしたと言える。もう一つの理由は、一つの政府が国全体の詳細を監督することはできないからだ。国は複雑過ぎるし、大き過ぎるからだ。だから、住民一人ひとりに自由を与えて、その小規模で問題と挑戦して、多様な解決方法を試して、試行錯誤で国益を増す。失敗する人もいるが、小規模だから失敗の影響は限られる。成功する人もいるので、成功した方法を真似して、他の人も成功する。(真似て成功しない場合もあるが、実は少数派だと思う。例えば、農耕方法が成功に終わったら、真似したら成功に終わる可能性は高い。)一方、政府が失敗すれば、国全体が窮地に陥る。確かに国が成功すればいい結果が期待できるが、歴史の例を見たら、成功する為に国が住民の自由を保護したと言った方がいいのではないか。

これまで右翼のように聞こえるだろう。アメリカの右翼が「連邦政府が関与しないほうがいい」と言うので、同じなのではないか。基本的に同じだが、自由を保護する為に必要となる行動について相違点があると思う。

先ずは、自由を保護するために拘束する必要がある矛盾は否めない。アメリカで自由市場を唱える人でも、契約に違反すれば裁判で賠償が命じられることを掲げる。同じように、盗難などを犯罪にする必要がある。つまり、規則はない状態で、自由にならない。弱肉強食は、自由ではない。だから、自由を保護する為に政府がすることは意外に多いと思う。しかし、目的は、住民に自分の生き方を選ぶ機会と力を与えることに過ぎない。

具体的に言えば、先ず防衛と外交は重要だ。防衛は明らかだろう。国が占領されたら、国民の自由が制限される。程度が占領する国によることは確かだが、アメリカでも制限になるので、避けるべきだ。外交もこの最悪な結果を避ける為に貢献するが、それに国民が外国の舞台にも活躍する可能性を確保するために必要だ。自由の要素の一つは、海外で活動する機会だからだ。

国内を考えたら、法律で自由を確保することは重要だ。例えば、言論の自由など。だが、それだけではない。一つで監督されたら問題が起きるが、その一つは民間の会社でも、同じだ。だから、会社の影響を抑える必要もある。そして、試行錯誤であれば、失敗する場合もあるので、失敗した人に立ち直る機会を確保する必要もある。そのために社会福祉などが必要不可欠だ。偶然の問題と戦う力も重要だから、健康保険も政府の範囲に入ると思う。もう左翼に聞こえるよね。

だが、ここでも違う。平等を目指すべきではない。平等を確保する為に、細かく監督しなければならないので、政府がそうしない方がいい。運が悪い人と運がいい人の間に差が開くことを予想できるが、それは仕方がない。運が悪くてももう一度頑張る機会を確保すれば、それは政府ができることの全てだと思う。同じように、努力する人と怠け者の間に、才能がある人と才能のない人の間に差が開くと思う。自由を確保するために財政は必要だから、富裕層の税金が上がることを予測できるし、会社の影響を抑えるので大変お金持ちな経営者が出てこないとも思えるので、格差が副作用として縮む可能性があるが、縮まなくてもいい。それは目標ではない。このような社会的な結果を予想する難しさこそ、政府に自由確保の役割を与える理由だ。

自由確保以外のやるべきことは沢山あるのは否みたくない。しかし、国家レベルでやらない方がいいと主張したい。自治体で行ったらいいと思うが、それは別なテーマだから、この投稿をこれで終える。

敬神功労賞

6月20日付けの神社新報の表紙に神社本庁が主催する敬神功労賞の授与式についての記事が載った。敬神功労賞は、「とくに功績の顕著な神社の役員・総代、氏子崇敬者」に与えられるそうだ。つまり、神職以外神社と深い関係を持つ人が対象になるようだ。30人が授賞したそうだが、その内数人の功労を具体的に紹介される。この内容は興味深い。

一人は、長い間近所の神社を篤く支えたようだ。約50年に亘って神社の注連縄などを製作して奉納したこともあるそうだし、去年神社の歴史についての特別講演会を開催したそうだし、そして総代に就任以前からほぼ毎朝参拝したそうだ。もう一人が学者と協力して、神社の境内の中にヒナコウモリの新居小屋を作って、コウモリの境内への移住に成功したそうだ。それに、神楽保存会に努めたそうだ。そして、もう一人が行政の例祭の日にちの変更の請求に反抗して、祭の日にちを維持して、祭を盛大に執り行わせたそうだ。最後に紹介された人が神社の神事芸能を復興させて、指導などの努力を挙げたそうだ。

特に興味深い点といえば、ここで地域社会の重視も、環境への配慮も、神社の一つひとつの伝統の維持の重要性も見える。この三つは、神社本庁がよく唱える行動だが、功労賞で認めることもいい。そして、合計30人だったので、残りの26人の功労は何だったか分からないので、推測には制限があるが、少なくとも象徴として皇室や政治と関係する行動は選択されなかった。表紙の一番の記事は、神道政治連盟についてだったので、ちょっと対照的だった。

私も、このような功労を評価して、受賞者におめでとうと伝えたいのだが、このブログを読む可能性はほぼないだろう。それはそれで、このような活動があある、このような活動を評価する神社界が私の興味を惹く。

エコポイント

一人以上前だったが、新しい液晶地上デジ対応テレビを買った。きっかけは、真由喜が前のテレビに転び打っ付かって、画面を壊したことだったので、必要な購入だったと言えよう。エコポイント対象商品だったし、古くて壊れたテレビもリサイクルに出したので、一万エコポイントが貰えるようになった。申請が遅れたが、数ヶ月前にやっと申請して、そしてちょっと前に交換商品が届いた。

図書カードにした。

今日、代表者会議の正副委員長部会長会議のために川崎駅周辺に行くことになった、あおい書店という大きな本屋さんに寄って、本を買った。買ったのは、小学館の日本の歴史シリーズの第5巻、第6巻、第7巻、第8巻だった。戦国時代まで日本の話を持つので、楽しみにする。ただ、いつ読む時間を得るか分からない。

エコポイントで時間が貰えれば良かったね。

真由喜との一日

今日ゆり子が仕事に行ったので、私が真由喜を見た。快復が進んでいる。朝は確かに長く寝たし、起きてもぐったりだったが、昼寝しなかったのに夕方になったら元気で走り回る遊びをした。食欲も元に戻ったようだし。それで良かった。今薬のお替わりを求めたが、それは無理だね。美味しいお薬の利点は、子供がちゃんと呑んでくれること。弱点は、子供が呑み過ぎたくなること。幸い、塗り薬も塗らせてくれたので、水疱瘡の痕も残らないだろう。とにかく、良くなっている。