人口減少

日本の人口が減少しつつある。ある推計によると、2050年までに総合人口が9000万人まで減るそうだが、それは現在の四分の三に当たる。これは危機だと言う人もいるが、機会としても捉えてもいいと私が思う。

先ず、原発問題を考えよう。福島第一原子力発電所の事故を受けて、脱原発を支持する人が急増したが、日本の電力の3割が原子力で発電されるので、すぐに原発を実現すれば、電力不足に陥る。一方、人口が25%減少すれば、電力の需要も25%程度減少すると思える。確かに、それは簡単過ぎる計算だが、少なくとも傾向を示す。だから、ちょっとだけ節電を普及したら、人口減の流れで自然に脱原発ができるようだ。今の再生可能エネルギーを推進する政策も実現すれば、同時に脱原発と脱炭素ができる可能性もあるが、需要が減らない限りそれは無理だろう。

そして、日本の自給率は45%程度に止まるが、人口が75%に減少すれば、同じ生産量で自給率が60%まで上がる。自給率を9割まで増やすために、今の状況で生産量を倍にする必要があるが、人口減少の後で50%増で足りる。これも可能になる。

確かに国内総生産が減ると思われる。しかし、国内総生産に気にしなくてもいい。一人当たり国内総生産には意味があると認めても、単なる国内総生産には国民に対して意味はほとんどない。中国の国内総生産が日本の数値を上回ったが、生活したい国はまだまだ日本だ。人口減少が極端になれば、一人当たり国内総生産に影響を及ぼすのは確かだ。例えば、人口が10万人を下回れば、産業を維持することはできなくなる。だが、9000万人は、そのような問題からほど遠い。現在のドイツの人口をまだ上回る水準だから、産業に足りるのは明らかだ。だから、一人当たり国内総生産が必ずしも減少するとは限らない。

人口減少の問題は、高齢化だ。年金の費用が膨大するし、福祉や医療の費用も急増すると推測される。だが、この問題に直面して、減少を暫く受け止めたほうがいいと思う。だから、年金を受給する年齢を引き上げたり、福祉などの需要を減らす政策を探ったりするように促進したい。

首相の数

今日、野田氏が日本の首相になる可能性は極めて高い。ほぼ確実だ。(衆議院で就任される必要があるが、民主党の議員が造反すれば、解散総選挙だ。)

それで、真由喜が生まれて以来、日本の首相として六人目になる。

真由喜はまだ3歳だ。

一方、私が生まれて以来、イギリスの首相は、合計八人だ。

私は、39歳だ。

このままだと、未就学のままの真由喜に追い抜かれる。

確かに、安倍さんが真由喜が生まれたばかりの日付で辞任したし、真由喜の誕生日もすぐなので、日本の首相の平均人気は6ヶ月ではないが、入れ替えはまだ速い。野田氏に任期満了まで頑張ってほしいが、日本の首相は、桜を一回しか見られないだろう。

真由喜の成長

昨日真由喜の英語に着いて書いたが、他の成長にも気づいたので、今日親バカ投稿にする。

先ず、欲しいものを後回しにできるようになった。寝る前にチョコなどを求めたら、「今はダメだよ。歯を磨いたからだね。」と言ったら、勿論抵抗するが、「明日食べてもいいよ。」と加えたら、納得してくれる。もちろん、翌朝そのおやつを要求するが、貰う目に寝てくれることはいいと思う。

次は、私の足はまだ血栓症で痛いが、真由喜がずっと痛い足に打っ付からないように配慮してくれている。間違えて触れることはたまにあるが、強く打つことはないので、助かる。周りの人の状態を覚えて、考えられるようになったようだ。

そして、先日私が早めに時差ボケの為に寝てしまった。まだ半分起きたときに、真由喜が枕を撮る為に寝室に入ってきた。(ゆり子が真由喜と二人で和室で寝ることにしたからだった。)ドアを開けて、「ダディー、ちょっと失礼!」と小さい声で言ったら、自分でさっさと枕を取って、部屋を去った。まるで大人かのようだった。

確かに今日抱っこを要求したが、まだ三歳だから、そういうことがある筈だよね。大人の芽生えが見えるとは言え、明らかにまだ幼児だ。

セットフォード

セットフォードは、イギリスの東部にある小さな町だ。二千年前にイギリスの東部の首都だったそうだし、千年前に主要な町だったが、現在歴史的な遺跡が豊富な小さい田舎町だ。海外旅行で訪れる人はいないだろうし、国内旅行でわざわざ訪れる人も少ないが、母が20年住んでいる町だから、私たちの拠点になった。

豊かな緑の中に真由喜が立つゆり子は、セットフォードは大好きだ。その主な理由は、緑の豊富さだそうだ。確かに心を慰める町で、私も周辺を歩くことは大好きだ。実は、写真を撮った機会は、最後の比に私が帰ったら誰もいなかったので一人で散歩に出発したら、皆とすれ違って家族の散歩になったことだった。のんびりできるところだから、少なくとも休みにぴったりだ。母も住まいとして大好きだそうだから、有名な観光地ではなくても、訪問を惜しまない。

それに、真由喜が英語の環境に浸された。期待を叶えて、英語を話すようになった。最初から理解できたのはいうまでもないが、口に出すまで一週間ぐらいがかかったそうだ。でも、特に母の旦那の愛犬に対して、帰国するまでに英語をたくさん使うようになった。日本語ほど流暢ではなかったが、言いたいことが伝えられたので、満足した。やはりこれからも私の家族と滞在する機会を作った方がいいが、イギリスや前リカへの運賃は高いよね。暫くの間私の両親の祖父祖母心に頼れるが、いつまでもそうするわけにはいかない。

イギリスの食べ物も、真由喜がちょっと食べるようになったが、おにぎりも沢山食べた。おにぎりの為にイギリスで買えるお米は、デザート用だが、おにぎりにしたら美味しいそうだ。ゆり子も、本格的なシリアルの美味しさに目覚めたので、輸入店で西洋のシリアルをたまに買うことになるだろう。

真由喜が初めてイギリスを訪れたのは、一歳未満のときだったが、今回は初めての異文化経験だったと思う。食べ物以外、素直に受け入れたので、年齢也にできたいと思う。日本でも、軽い偏食だから、イギリスで同じ現象が続いても驚くほどではない。やはり、幼いうちに多文化に紹介したら、違和感なく溶け込むようだね。