国を誇る

何の国でも、人が「国を誇るべきだ」と強調したら、大半の場合国が犯したと言われる犯罪を否定する為だ。日本で南京事件だの、イギリスでインドの飢餓だの、アメリカで奴隷制度だの、このようなことが認められたら国を誇れないのは示唆される。

しかし、本当にそうだろうか。国の数百年、数千年の歴史は完璧ではない限り、誇れないのは本当だろうか。そうなら、もう絶望なのではないか。現代の基準ではかったら、日本の女性の扱いは悪質だったことは否めない。イギリスも同じだし、アメリカも同じだし、などなど。ここで、世界中の国々のいずれかの名前を入れてもいいと思う。では、国が犯した罪に目を潰す必要があるのか。それも不要だと思う。

国を本当に誇るために、国や国民の功績を掲げて、目の前に置いても充分なのではないか。どこの国でも、文化の成果を挙げることはできるだろう。一方、国が罪を犯したら、その罪を誇るわけにはいかないが、過去であれば特に恥じる必要もない。国の歴史を見極めて、過去の功績をこれからも繰り返せるように、そしてさらに輝くことができるように努めるし、過去に犯した犯罪を繰り返さないように努力するべきだ。

それに、誇りを国がいましていることに基づいたほうがいいと思う。過去の文明などを誇りの源泉にしたら、もう現代に何もできないし、何もすべきではないのように感じるだろう。学者の研究で過去の文明は実は他の国から殆ど輸入されたとか、隣国にも栄えたなどの発見で国の誇りが崩れるし、国民が事実に反発してしまう。嘘に基づいた誇りには価値はないだろう。

だから、自分の国を誇れればいいと思うが、それは過去に罪を犯したかどうかという質問とは全く無関係だ。国の歴史の事実が分かった上で誇るべきだから、功績も罪も明らかにするべきだ。国の過去には罪ばかりがあれば、過去に基づいて誇れないのは実状だから、これから誇れる行動を勧めるしかない。しかし、そのような国はあるのか。事実全般を認めながら、過去の功績の上に将来を構築することは、一般にいい愛国心の一種だと私が思う。

また公園へ

今日またゆり子にお仕事があって、私が真由喜の面倒を見た。真由喜の機嫌はちょっと可笑しかった。確かに不機嫌とは言えなかった。それに、私と遊ぼうとしたので、積極的だった。シャワーを浴びたら、素直に入って、髪も洗わせてくれた。そして、今日の予定を前から聞かせたので、真由喜が楽しみにした。実は、はっきりそう言った。

それでも、やりたいと言ったことをやろうとしたら、真由喜が躊躇した。というより、別な遊びをした。出かける前に靴下を履かせようとしたら、靴下を投げたり、頭の上に載せたり、手袋としてしたりした。出かけられるようになるには、意外に時間がかかった。普通の四歳児だと言ったら、そうかもしれないが、真由喜は普通にこうではない。

それはそれで、ようやく生田緑地という公園へ出発した。ずっと肩車だったので、私が疲れちゃったが、三十分以内着いた。そして、自然教室というイベントを探した。実は、見つけて、真由喜が参加したが、規模は思ったより大変小さかったので、それは自然教室だったことさえ分からなかった。それでも、真由喜が楽しんだし、そして芝生へ行って、シャボン玉で遊ぶことになった。

私たちの所の側にもう一つの家族がいて、二歳の女の子もいた。シャボン玉で遊んでいる真由喜を見たら、「私も遊びたい」とご両親に言ったので、私が真由喜に「遊ぶって言って」と促した。真由喜がそうしたら、女の子が喜んで遊んでくれた。ちょっとだけ男の子も参加したが、彼が比較的にすぐに帰った。真由喜と新しいお友達が一時間以上一緒に仲良く遊んだ。真由喜が梨をいただいたが、ちゃんと「ありがとう」と言うように注意したら、自発的にもできた。二人とも楽しい時間を過ごせたので、公園に行けてよかった。

ところで、私がちょっとご両親とお話ししたが、子育てなどは主な話題になって、ただ一つの質問は「ここは長いですか」だった。それ以上、外国人であることに触れなかった。やはり、川崎市ではもう普通ですね。

タバコ税と酒税の増税

具体的な政策をブログで提案したのはもう久しいので、今日書かせていただく。

財政赤字は日本の深刻な問題であることは、よく言われるし、先日人口減少の立場から見て私もそう思うことを明らかにした。だから、健全な財政を構築する政策は必要だ。そのなかで、タバコ税と酒税の増税を取り組むべきだと思う。

基本的な理由は簡単だ。タバコもお酒も健康に悪いし、環境にも悪化をもたらす。タバコの場合、匂いなども問題だが、受動喫煙も健康に良くない。お酒の場合、飲酒運転はもちろん、酔っぱらった人の暴動なども問題になる。そして、アルコール依存で、他の麻薬と同じように自分の人生も家族の人生も破壊することがある。だから、タバコもお酒も抑制するべきだと言える。

一方、禁じるべきではない。アメリカでアルコールを禁じた時、組織犯罪の促進になったばかりだったそうだ。それに加えて、お酒は日本の伝統的な文化と深く関わるので、違法にすると文化の損害になる。私がお酒を一切飲まないが、飲む人によると美味しいし、楽しいそうだ。自由を念頭に置いたら、そのことからも禁じるべきではない。たまにお酒をちょっと飲んでも問題にならないし、特別な部屋で煙草を吸ったら、自分の健康にしか問題はない。

だから、増税したらいいと思う。酒やタバコの値段が上がったら、特別な祝いなどに使用を絞るとか、消費量を減らすなどの効果が期待できる。現在、酒税と言えば、ビールなら1リトル当たりで20円だそうだから、アサヒスーパードライの値段の半分弱は税金だ。一方、日本酒は1リトル当たりは12円だそうだから、段階的に上げたらいい。

もちろん、どの政策でも問題もある。ここに二つが顕著になる。

一つは、基本的な矛盾だ。財政の健全化のために税収が上がれば上がるほどいいが、アルコールやタバコの消費を削減すれば、逆に税収が下がる。これを解けるために、税率の増加率が消費の減少率を上回るようにする。だから、統計を検討しながら実現するべきだ。

もう一つは、醸造業などへの影響だ。高級な特別なお酒を醸す会社にはあまり影響はないと思えるだろう。お酒の値段が1割上がっても、特別なイベントのために買う人がまだ買うと思う。だが、アサヒなどの大衆向けの醸造社やタバコの業者には打撃になると思わなければならない。和らぐために、増税を段階的に導入するべきだ。だが、基本的に大手会社が国民の健康を損なう商品から脱出したほうがいいと思うので、その必要性に経営陣を覚悟させて、会社の方針を変えるの時間を与えるスケジュールで増税を導入したほうがいいのではないか。

だから、この政策からいい結果が期待できると思う。国の住民の健康向上に貢献するか、財政赤字の縮小に貢献するか、それとも両方に貢献するか。いずれもいいことだ。

英語で論理的なコミュニケーション

先日の投稿で日本論理検定協会に勤めることになった事実を紹介したが、より詳しい情報が公表されたので、今日もちょっと仕事の話をする。

私が最初に責任することは、英語で論理的なコミュニケーションを教える講座だ。現在の英語のレッスンとかなり違うコンセプトで行う方針だから、しょっと説明したいと思う。普通の英語のレッスンで、文法や言葉遣いを焦点にして、流暢に話せるようになるための訓練になる。目標に達成する為にかなりの歳月は必要だ。毎日数時間勉強しても、二年間以上がかかると覚悟するべきだ。しかし、会社に勤める人も大学で研究を進める人も、そのような時間はない。それほど休むわけにはいかない。では、どうやって英語のコミュニケーション力を増やせるのだろうか。

この講座はそのニーズに配慮して構造された。高校で学んだ英語を活かして、どうやって伝えたい意味をはっきりで、説得力のある表現で伝えられるかを中心とする。もちろん、無理矢理の説得や騙す術を教えないので、有力な理論を造る技を教える。そして、英語でその有力な論理を表現するための語彙やコツを教えるつもりだ。文法を間違えても、意味を伝えることはできるし、言葉遣いは不自然であっても、意味には問題はない場合も少なくない。だから、そのような間違いがあることを前提にして、どうやって誤解されないようにできるかは、私の教える内容だ。

この目標なら、30時間で上達できると思う。もちろん、英語が本当にゼロから始まったら、30時間でできないが、日本人の場合、ゼロから始まらない。中学生として初級を学んで、高校生としてより英語を積み重ねてきた人は大半だ。受験勉強の英語は、外国人と話すことに相当しなくても、この講座の基礎になれると信じる。

だから、講座の大半を日本語で教えるつもりでもある。正直に言えば、それは私の初挑戦だから、精一杯頑張りたいと思う。私の意味が上手く伝わったら、私がいい模範になるだろう。なぜなら、変な発音を始め、言葉遣いのミスや文法の間違いも多くなるはずだからだ。講座の準備を充実にしなければならない。

では、宣伝だ。興味がある方がいれば、ぜひ講座の詳細をみて、日本論理検定協会へ受講のための問い合わせをしてください。お待ちしております。