論理のやりがい

今週の前半に日本論理検定協会の仕事の準備した。開催する講座の原稿を書いたり、講義で使う問題や例文を作ったりした。

新しい仕事を始めるのは大きな変化だし、転職する必要はなかったので、決断は正しいかどうかと悩んだことがある。しかし、原稿の作成に専念したら、疑問が消えてしまう。この仕事の内容はいいことを再確認できて、頑張りたくなる。まだ不安が残るのは当然だし、特に時間の問題が気になるが、今このことがやりたいとまた思ってきた。だから、来月本格的に始まって、オフィスに通うようになったら、より自信を持つようになると思ってもいいだろう。

少なくとも、他の仕事をする時に日本論理検定協会の仕事を疑うが、日本論理検定協会の仕事をするときに疑わないのは反対の配置よりいいよね。講座や検定が人気を集めるように願っているが、そうしなくても作成する材料には価値があることに自信を持っている。時間の無駄遣いにならない。

それでも、新しい職業がどうなるか、投稿から予想できる通り、まだ不安だよね。