真由喜を叱ったら

昨日真由喜がお稽古にゆり子と一緒に行って、よくできたそうだ。ちょっと風邪気味だったので、練習は短い方だったが、木曜日より大幅にましだったという。そして、帰ったら私が仕事をした間にゆり子をちょっと困らせたが、ようやく晩ご飯を一緒に食べた。

途中で、真由喜がアジを手で食べ始めた。ゆり子が注意したが、真由喜がすぐに反応してくれなかった。だから、ゆり子が私も言わせたので、「本当だよ。フォークで食べるべきだ」と言った。そうすると、真由喜が怒った。ゆり子を軽く蹴ろうとしたし、ちょっと「マミーが悪い!」と叫んだりした。だから、「マミーを蹴らないで」と言って、一分ぐらい待った。真由喜が落ち着いたら、フォークでアジを食べた。

やはり、四歳児で反発は避けられないことだと思う。でも、真由喜がわざと痛くなるように蹴らないし、ちょっと叫んでも問題にならないので、落ち着くまで待ってもいい。落ち着いた真由喜が殆どの場合指導に従うし。

その後、感謝することをする前に私とちょっと遊んだ。ソファーを走り回ったり、捕まえたりした。しかし、ゆり子に下までの響きが気になったので、すぐに止めることになった。真由喜がまだ遊びたかったが、下の人にどんどんどんの音が響くことを説明して、真由喜がちょっと考えて提案した。

「私がソファーの上で走って、ダディーがここで座って捕まえて」と言った。本当にごっこ遊びになった。私に動けななったし、真由喜は目の前だったので、本気に捕まえようとしたら即座できた。でも、真由喜が楽しそうにソファーの上で走ったし、ソファーのお蔭で下まで響かなかったと思う。これはいい反応だったと思う。問題を受け入れてくれて、問題を避ける方法を発想した。

このようなやり取りで、真由喜が自分の行動を自分で管理できるようになると思う。私たちが見ているから悪いことしないではなく、なぜしては行けないことが分かるからしない状態だ。このようにできる年齢になってよかったと思う。またできない年齢になってしまうと言われるけれども。