信者

今、『神社本庁規程類集』という本を読んでいる。これも、タイトル通りだから、規程が並ぶ。大変つまらないと思う人は多いだろうし、会計についての規程は面白くないことを認めざるを得ないが、実は興味深い点は多い。なぜなら、規程で少なくとも神社本庁の建前が明らかになるからだ。本音と建前が添う場合は多いと思うが、実践が違っても公式な立場には意味がある。

特に興味深い例を見つけたので、ここでちょっと語りたいと思う。私が読んでいる本は平成21年度版だから、改訂があった可能性があるが、平成21年度には有効だった規定だ。昭和23年12月8日の通達第33号(役職員進退に関する)『規程及び内規改正に関する件』で、次の通り書いてある。

階位取得については本人の宗教を制限しない

階位と言うのは、神職の資格を意味する。要するに宗教を問わずに神職の資格を取得することができる。誤解されないように、通達の趣旨は、資格を持って神職の候補者になったら、他宗教の信者であれば、神職になる前に改宗の誓詞を納める必要があることだ。通達で『神職としては当然神社神道の信奉者である』と明記されるが、どう考えてもこれは確かに当然だ。厳密に解釈すれば、無宗教の人が無宗教のままで神職になれるようだが、なりたいわけがないだろう。神社神道の神職になる為に神社神道の信奉者であることが条件になるのは、いうまでもないほど当然だ。

しかし、宗教を問わずに階位の取得を認めることは興味深い。別な内規で、神社本庁に属していない神社で奉仕すれば、階位を喪失することになるが、お寺で住職してもいいようだ。少なくとも、まだ障壁になる規則を見つけていない。さらに、カトリック教会で神父として奉仕してもいいだろう。(カトリック教会が問題視する可能性は高いけれども。)無宗教であれば、問題ない。

ここで、実践がちょっと違うと思う。資格取得の為の講座を受講するために、奉仕する神社と管轄する神社庁の推薦は必要だから、事実上宗教は神社神道ではなければ、階位を取得できないだろう。一方、事実上宗教は神社神道ではなければ、階位を取得したくなる筈はない、悪意を除いたら。

この規則の理由を推測すれば、神社神道で個人の宗教を問う行為を、最低限に抑えようとすることだろう。不可避になったら調べるが、それは現役神職になる時だ。その場合でも、明らかに異宗教信者である場合に限る。宗教は曖昧であれば、神職に申請する行動で充分神社神道に信奉することを表したと看做されるだろう。

本当に、西洋の排他的な宗教と対照的だ。キリスト教で、キリスト教の信者ではなければ、結婚式や葬式さえ執り行ってもらわないのは原則だ。普通のミサに参列するためにも、信者であることを証明する必要がある場合もある。(傍聴してもいいけれども。)神父の資格を取る為に、いや、牧師の養成講座に入学するために、キリスト教の熱心の信者を証明する必要は当然として捉える。やはり、神社神道を西洋的な宗教として把握しようとすれば、大きな誤解に陥ってしまう。

お稽古の完全失敗

昨日の久しぶりのお稽古は大失敗に終わった。なぜなら、向かったバスの中で真由喜が寝てしまったからだ。

それ自体は恒例だ。バスと電車で寝て、お稽古場で起きるパターンは普通だ。しかし、昨日起きなかった。むしろ、他の子がお稽古中床に棒を叩いても、ぐっすりだった。

一時間が経ったら、起こそうとしたが、真由喜が泣き出した。三十分に亘って寝ぼけが続いて、泣きも止まなかった。結局、お稽古せずに帰るしかなかった。残念だった。次回ちゃんとやると先生に真由喜が約束したので、火曜日がどうなるかが注目される。

まぁ、四歳だね。こういうこともある。

論理のやりがい

今週の前半に日本論理検定協会の仕事の準備した。開催する講座の原稿を書いたり、講義で使う問題や例文を作ったりした。

新しい仕事を始めるのは大きな変化だし、転職する必要はなかったので、決断は正しいかどうかと悩んだことがある。しかし、原稿の作成に専念したら、疑問が消えてしまう。この仕事の内容はいいことを再確認できて、頑張りたくなる。まだ不安が残るのは当然だし、特に時間の問題が気になるが、今このことがやりたいとまた思ってきた。だから、来月本格的に始まって、オフィスに通うようになったら、より自信を持つようになると思ってもいいだろう。

少なくとも、他の仕事をする時に日本論理検定協会の仕事を疑うが、日本論理検定協会の仕事をするときに疑わないのは反対の配置よりいいよね。講座や検定が人気を集めるように願っているが、そうしなくても作成する材料には価値があることに自信を持っている。時間の無駄遣いにならない。

それでも、新しい職業がどうなるか、投稿から予想できる通り、まだ不安だよね。

農業離れ

先進国の田舎には農業離れは共通問題だそうだ。農家の跡継ぎが受け継がない事は多いし、年から本格的な農業に転職する人は極めて少ないという。田舎でのんびり生活を目指す人は少なくないだろうが、それが本格的な農業と大きく異なる。

考えたら、基本的な問題が明らかになる。農業で食糧の材料をつくる。加工もしない。平均収入を得る人が二割を食事にしたら、農家にいくらが流れるだろう。先ずは、そのまま小売りになるものを考えよう。その場合、卸業者や小売業者の利益を引いたら、生産者には店頭の価格の3割以下が流れると考えてもいい。だから、一般人が材料のみ買ったら、16人で一人の農業者に平均の収入を与えることになる。しかし、そうではない。加工された食糧は多い。その場合、材料が1割以下になる。それに、収入を二割に食糧に使うことはない。それも高い割合だ。だから、農家の家族が50家族分の食糧を出せば、平均収入になるだろう。しかし、跡継ぎが同じ農家で働いて経験を積むことにしたら、その二倍が必要になる。一つの農家が100家族分を出す事になる。今よりちょっと広い田圃などは必要だろう。

さらに、魅力的なキャリアになるために、発展の可能性を孕まなければならない。田圃を買い占めないかぎり、農業ではそのような可能性はあまりないそうだ。

農家や農村を救済する為に、補助金を注ぐことではなく、社会環境を変えて農業を魅力的な職業にするべきだろう。しかし、そうする為の方法を考えるのは難しい。少なくとも、純粋農家を維持する事は難しいだろう。