2011年を顧みる

大晦日になったので、この一年間を顧みる。普段なら、もう大丈夫だと思うが、今年なら残る14時間に何か大きな出来事が起こりうるので、ちょっと慎重に書く。

目立つことは二つだろう。

一つは、東日本大震災である。幸い、家への直接の影響は少なかったが、日本に住めば間接的な影響は勿論多かった。先ずは、被災者のことを思えば、心が痛むし、被災地の状況を見れば、示唆された個人的な悲惨が思い浮かぶ。どのように手伝えるかと思ったら、できることは僅かだったが、今年の旅行計画を一変した。宮城県の塩竈市、福島県の会津若松と猪苗代湖、そして岩手県の平泉と猊鼻渓を訪れて、お金を使って、そして知り合いに同じような旅を促すことで、私ができることがもう終わったような気がした。しかし、旅行は本当に楽しかったので、来年も東北に旅するつもりだ。

もう一つは、個人レベルで止まるが、日本論理検定協会に勤め始めたことだ。オフィスでもう一ヶ月働いてきたが、どんどん慣れてきている。仕事の量は多いし、朝の満員電車もいやだから、早めにオフィスに着くようにしているが、そのお蔭で本当に仕事が沢山できる。内容も興味深くて価値があることなので、これからも頑張れそうだ。来年どうなるか、全く分からない。成功になると信じるが、それはいつか分からない。生活がまた急に変わる可能性は充分ある。

それ以外、真由喜が成長して、幼稚園に入園したし、日本舞踊のお稽古も始めた。両方を楽しんでいるようだし、真由喜の性格がどんどんはっきり来ている。特に、真由喜が辛抱することも、妥協することもできるようになったし、基本的にいい子になったので、将来は本当に楽しみだ。

ゆり子の仕事がまだ上手くいっているようだし、お互いに持ちつ持たれつ家を支えてきた。感謝するばかりだ。

私の仕事で、英語のレッスンも順調に進んできた。日本論理検定協会の仕事が始まったら曜日や時間を変える必要が生じたら、止める生徒さんは一人もいなかった。そのお蔭で忙しくなったが、本当に有難い現象だ。編集と執筆も、規模が自然に縮小したが、まだ続いている。他の仕事が上手くいったら、やはりどこかで削減しなければならない。読書も削られてしまったが、最低限を保護する方法を見つけたと思うので、来年続ける予定だ。研究の時間が本当に無くなっているが、それは暫くの間仕方はないかな。

今年の他の楽しいことを考えれば、夏にイギリスへ遊びに行ったことは忘れてはならない。勿論母と会えたし、11歳からの友達とも会えたし、真由喜が彼の息子と楽しそうに遊べた。そして、イギリスにいる真由喜が英語を使い始めた。英語への抵抗感がちょっと和らいできたと思えるだろう。

そして、先月のことだが、白幡八幡大神で自分で祝詞を作成してご祈祷を捧げることが許された。それも大変いい経験だった。

今年には大きな悲劇があったが、家には悪くなかった。ただし、来年はもう少し穏やかになるといい。

謎解いてほしい

秋に北川景子さんが『謎解きはディナーのあとで』とうドラマで出演した。録画を設定したが、まだ見る機会はなかった。忙しかったし。

しかし、真由喜が大ファンになった。『お嬢様』と言って、ほぼ毎日求める。「お嬢様見たい!」って。真由喜の為にDVDを買っておいたほうがいいだろう。ゆり子も楽しんでいるようだ。この家族で、北川さんの本当のファンは私ではないかもしれない。

ところで、真由喜がセーラームーンも見たが、「お嬢様は昔はセーラーマーズだった」と言っている。北川さんが俳優として二人を演じたことが分かるか、それともキャラクターの麗子は、十代の頃、セーラーマーズのレイだったと思い込んだか、よく分からない。「お嬢様がセーラーマーズに変身したら、影山がびっくりするね」と真由喜が言ったら、頷かなければならない。かなりびっくりする。

では、楽しいドラマのようだから、見る機会を楽しみにしている。年末年始の休みでみえるかな。

宝くじの出世

出世する為の道を如何に増やしても一つにも向いていない人がいると思われる。だから、機会均等を保つために、無作為な出世を設けるべきだと思う。

一番簡単な実現は、毎年住民の数人を無作為で選択して、終身の年金を与えることだ。出世に当たるために、年額を500万円以上にするべきだろう。

犯罪を犯した人が数年間対象から排除されるべきだろうが、何かをすることによる受取る権利を得れば、その何かはできない人がいるので、そうしない方がいいだろう。

ちょっと調整することは、当たれば500万円の年収が保証されることだろう。だから、年収はもう500万円を超えたら、何も利益はない。一方、仕事を止めたら、500万円を得るので、自由が得られる。

当たる確率は宝くじより低いだろうが、毎年一人だったら、平均寿命の半分ぐらいの人数になるので、40人ぐらいに上る。それは、合計4億円の予算だ。だから、毎年10人にしてもいいだろう。国の予算がそれほどの福祉を支えられるからだ。日本での確率は、1000万分の一になるが、それでも希望になれるのではないか。

重要なのは、犯罪を避けることのみは必要であることだ。社会の構成に違反しない限り、この道で出世できる。病気で体を動かせなくても、可能だ。もちろん、これは唯一の出世の道だったら、足りない。ただし、複数の道を設けたら、この一本を加えれば、まだ網羅されていない人もカバーされるので、最後の補完として制度を完成させる。

継続の出世

先日機会均等について書いたが、能力主義だけではなく、他の出世の道を設けるべきだと述べた。今日、一つの道についてより詳しく考えたいと思う。それは、継続出世と言おう。

その意味は、単純に普通の仕事を継続することだけで出世することだ。能力や実力は問われない。もちろん、職業に耐えられなかったら継続できないが、コンビニの店員や掃除などの所謂技術なしの仕事であれば、殆どの人が耐えられるだろう。それに、複数の道を設ける目標は、誰にも一本の向いている道があることだから、この道にも向いていない人がいても、緊急な問題ではない。数少ないと思うし。

ここで、「出世」の意味を考える必要がある。出世で権力や責任が増すということは多いが、能力がない人であれば、それは社会的に危険だし、部下には不公平だ。能力のない人を能力がある人のために犠牲しない反面に、能力のある人も能力がない人のために犠牲しない。だから、権力と責任を与えるわけにはいかない。それを能力に応じるしかない。

残っているのは、お金と暇と尊敬だ。この三つは与えられる。

尊敬は、長く継続したら何かの肩書きや表彰を与えることにすればいいだろう。肩書きが一般社会でも効くようにしたら、より意味がある。例えば、レストランや電車での優遇があるとか。

お金と暇は、毎年給与を上げて、出勤時間を下げることでできる。民間会社が勝手にこうすれば、競争力が弱まると思われるので、法律で定める必要があるだろう。毎年インフレと経済成長によって最低の引き上げを閣議決定したらいいと思う。能力のある人の引き上げがそれを上回るが、継続する人がその利益を受ける。もちろん、最低賃金を引き上げる必要もあるが、原則としてその上昇率が継続の仕事の上昇率を下回ることにしないと、継続には何も利益はない。出勤時間も、定まった率で毎年下げる。

こうすれば、会社が解雇したくなる可能性は極めて高い。技術のない人が数年働き続ければ、人件費が高くなるので、新しい技術のない人を入れ替えたらコスト削減になる。それを防ぐ為に、解雇するときの条件を厳しくするべきだ。この前に述べた雇用条件についての記事で、これに役に立つ提案があったので、ここで詳しくしない。一方、会社の経営が厳しくなったら、株主や社員には一律の給与カットを認める必要がある。それは経営陣にも適応するのは必要不可欠だ。

このような政策を導入すれば、五十年前の日本とちょっと似ている点もあるが、現在の社会構成と大きく変わると思う。だから、導入する方法も考えなければならない。革命はだめだから。