『神まつりの姿』

先週の『神社新報』に國學院大學の加瀬先生が書いた古代の神祭の姿についてのコラムが載った。古代の祭の真相を明らかにする難しさを協商してから、『日本後紀』の中に記録される祭祀を紹介する。それは、平安初期に桓武天皇の病気平癒のために執り行われた祭祀だが、或る意味で素朴な祭詞だったが、天皇のお命と関わることで、本当に重要な要素に絞ったと考えても差し支えないかと推測する。それは三点になるそうだ。

一つは、供物が絞られても、必ず奉るし、供物の中心はお米だという。もう一つは、神からの託宣を得ながら祭祀を行うそうだ。三点目は、夜通し行ったことだそうだ。八世紀末の時点で、この三つは神祭の必要不可欠の要素だったという持論だ。

現在と比べたら、一つしか残っていない。供物の中心はまだお米だが、託宣も夜間の祭もほぼ消えてしまった。伝統を重視する神道の立場から見れば、どう対応したらいいのだろう。特に神道には一時停止された伝統を復活する例は少なくない。伊勢の神宮の式年遷宮もその例だが、大嘗祭を始め数多くある。だから、復活した方がいいのではないかと思えるだろう。

夜間の祭は、まだあちこちある。賀茂祭には夜間の祭もあるし、式年遷宮にもあるし、高千穂神楽もたしか夜間の神楽だ。だから、積極的に推進すれば、この要素を復活させることができる。ただし、神職の負担が多くなるし、氏子や崇敬者が参加できなくなるので、問題も伴う。宵宮のような祭の準備に相当する祭は夜に執り行ってもいいが、本祭を夜に執り行うことは難しいだろう。

一方、託宣の問題はより深刻だ。託宣を期待できるかについて疑問を抱える人は神道界にも少なくないだろう。私はその一人だ。託宣はなかったら、祭の要素にする意味はない。これで、伝統だから活かすべきだという考え方を否定したいのだ。伝統は必ずしもいいことであるとは限らない。誤りに基づいた伝統もあるし、人を強制的に苦しめる伝統もあるので、排除すべき伝統もあると述べたい。神託は幻想だったと判断すれば、神託を祭祀から削除するべきなのではないか。一方、仮に神託の存在を保証できれば、祭祀に組み込むべきであることは言うまでもない。

結局、浮き彫りになるのは、現在の祭祀の姿が古代まで遡らないことだ。だから、少なくとも現存の祭祀の姿を変化する場合、「伝統的ではない」という批判を慎むべきだろう。

初オフィス

窓越しに見える東京都心のビル群
オフィスの窓からの眺め
今日初めて日本論理検定協会のオフィスに通った。場所は大変便利だし、永田町駅から行ったらオフィスまで屋根もあるし、道を渡る必要もない。だから、迷わずにオフィスまで行けたが、思ったほど狭くない。講義を開く部屋は充分広いし、私たちの事務室にはいい窓もある。その面で考えれば、働きやすい。

今日は初日だったので、私のパソコンの環境設定や安全保障に午前中をほぼ費やしてしまった。本番の仕事を始まるところに、ワードに日本語の入力ができなくなった。再インストールしたが、同じ問題がまた起こった。それを解消しようとしたら一日が丸ごとに無駄になると思って、取り敢えずLibreOfficeを使うことにした。日本語入力には問題はないし、家で使うのでもう慣れている。問題を具体的に言えば、平仮名を入力できるが、漢字への交換が一切動かない。他のソフトには問題はないし、ワードの窓にMacOSが提供する検索フォームにも問題はない。本当に不思議だから、どうやって解決できるかさっぱり分からない。

では、午前中の環境設定ができたら、上司との会議を簡単にできたので、検定のサンプルを作成した。明日ホームページに公開するつもりだそうだから、7日になったら見えるだろう。英語の検定なので、英語だけれどもね。

お昼は机での愛妻弁だったし、八時間の勤務が終わったら帰ったので、普通のサラリーマンになったのではないかと思うほどだ。生まれて初めてだから、まだ新鮮な感じだ。

強い意志

真由喜が楽しい週末を過ごした。土曜日にゆり子と一緒にディズニーランドに行ってきたし、昨日溝の口の洗足音楽大学のクリスマスコンサートにも行った。デュズニーランドで夕方のパレードを見たので、帰宅した時刻は、もう11時半だったそうだ。(私がもう半分以上寝ていたので、ゆり子から聞いた。)昨日の就寝も遅くなったので、今朝疲れたことは当然だろう。「疲れたので、幼稚園に行かない」と述べた。

でも、着替えさせていた間にゆり子が「ダディーと一緒に迎えにいったらどう?」と聞いたら、真由喜が積極的になった。しかし、私は病院に行かなければならなかった。(イギリスから帰った時の血栓症はまだ完全に治っていないので、まだ診てもらう。問題はなさそうだけれども。)だから、真由喜が「二人で迎えにくる?」と聞いたら「じゃ、頑張る」と答えるしかできなかった。真由喜が強く強調した。「二人で!絶対!」

約束しなかったが、病院をなるべく早く済ませて、ギリギリだったが、幼稚園バスのお迎えに間に合った。私を見た途端、真由喜は大喜びで、荷物をゆり子に押し付けて、私に上った。ゆり子がちょっと文句を言ったが、真由喜が反応しなかった。ゆり子のお迎えは通常のことだが、私はちょっと珍しいからだろう。それから、ゆり子が買い物をしていた間に私が真由喜と遊んだし、それからクリスマスカードを書いて送ったので、いい午後だった。

神棚奉斎

11月21日日付の『神社新報』で賛成する論説が載っているので、ここでその一部を紹介する。

神社界が当然神棚奉斎を促進する。神棚奉斎といえば、家庭で神棚を設けて、その前で拝礼することだが、神道の実践の重要な一部だ。家で、感謝することの儀式は神棚奉斎に当たる。神棚奉斎には専用の神棚があるといいが、必要ではない。特に現在の住居で伝統的な神棚を設ける空間はないケースは多い。(私たちは、今和室に設けたが、引越す前に本棚の上を神棚の代行にした。)必要不可欠なのは、御札だ。それはないと、神棚には神はいない。

神社本庁が特に促進することは、神宮大麻頒布だ。神宮大麻というのは、麻薬と無関係で、伊勢の神宮の内宮の御札の呼称だ。この神宮大麻を神棚で奉斎することを普及して、神宮大麻の頒布された体数を増やす為の工夫を凝らす。

この論説で注意された点は、その運動の中で氏神の御札の重要性が忘れられてしまうことだ。神宮大麻に集中して、氏神の御札と一緒に奉斎するべきであることを見逃すことがあるという。神社本庁が発行するチラシなどには、必ず「氏神の御札」にも触れると思うが、都道府県の神社庁で作成されたチラシなどにはそうしない例もあるだろう。それはそれで、私もこの点について気をつけるべきだと思う。

神道を信奉すれば、自分の居住の氏神を崇めるべきだと述べたい。神道は中央に集中する宗教ではなく、地域によって特徴を沢山持つ宗教だから、自分の住む場所の神道と接するべきだ。それに、伊勢の神宮は大きくて遠いので、個人的な繫がりを感じるのは難しいが、気軽に参拝できる氏神様なら、すぐに深い関係を実感するようになる。さらに、氏神の祭祀などに参列すれば、神職や他の氏子との絆も強まる。そして、もう一つがある。遠くない有数な神社を選んで関係を建ててもいいが、自由に選べない神社、即ち氏神様との関係を築くことも大事だと言いたい。なぜなら、自由に選べば接しない人との関係が発生して、人間関係が広くて深くなるし、多種多様にもなる。宗教的な側面から見れば、自分の居住を見守る氏神様を崇めたほうがいいとも言える。

だから、神道的な生活や活動を期待すれば、氏神様との繋がりを忘れてはならないのではないか。私がそう思うので、この論説に賛成する。