本の解釈

先日北川景子さんが本の解釈についての投稿をブログにアップした。(投稿のタイトルは『帰国』だが、内容の主な部分は本についてだ。)内容は興味深いので、ここでちょっとコメントする。

先ず、このような投稿があるからこそ北川さんのブログを読んできた。作品についての情報は勿論知りたいが、他の入手する方法はある。でも、本人の意見も興味深いので、読みたくなる。有名人ではなかったら、ブログを見つけたはずはないが、仮に見つけたとしたら読み続けた可能性は充分あると思う。

では、今回の投稿のなかで、北川さんが以下の通りに書く。(・・・が私が省略したところを指す。)

こんなことを言うと評論家の先生に叱られてしまいそうですが・・・
「ここからはご自由にどうぞ」と言われているような
気軽さがあるから良いのだと私は思っていて・・・。

私もまさしくこの通りだと思う。評論家の先生の間にも賛成する人は少なくないが、私は作家の立場から考える。私の本は有名ではないと言ったら、全く無名だが、書いたこともあるし、私の知り合いではない人に読んでもらったこともある。だから、読者の解釈についても考えたことがある。書く時「本当の意味」が頭にあるのはいうまでもないが、それはただただ私が構成のある本を書く為だ。出版された本は読者の物になるので、自分勝手の解釈を作ってもいい。その解釈は私の考えたことよりいい場合もあるし、本の登場人物について考えたくなることは、本に惹かれた証拠だから、むしろ私の目標しか探さない行為のほうが悲しい。

そして、北川さんが言う通り、読者の方には変化があれば、本の印象も変わる。特に、いい本で登場人物は本当の人間に近づいて、行為の解釈や評価は本自体に縛られないので、自分の立場がかわったら、本の登場人物の評価も変わる筈だ。これも、読書の利点だと思う。ある意味、本が鏡になって、自分の思うことがよく分かってくる。このような機会を与えない本を軽い文学と看做してもいいだろう。非現実的な内容か、現実の描く内容かではなく、読者が自分と再会できることは重要だろう。

しかし、北川さんが読んだ本の主人公は、18歳で読んだところに大人っぽく見えたが、今の25歳で幼さは微笑ましいという。25歳はまだまだ若いと思う。確かに18歳の大学へ入学する前のときより成長したが、25歳はとにかくまだ若い。余談だが、年を取ったら、いつも前に想像できなかった成長を見つけたので、この過程が将来にも続けると思う。25歳の私は、子供っぽくなかったが、今の私から見たら、まだ成長は必要だったなと思わざるを得ない。55歳の私が40歳の私を見たら同じだと信じる。だから、北川さんの表現は確かにそうだと思うが、微笑ましい。

本、特に小説を読むことは、勿論娯楽の要素もあるが、自分と再会して、自分の考え方を見直す貴重な機会だと思う。

(ところで、北川さん、私が足首をひねったからと言って、自分の足をひねる必要はないよ。)

混乱の一日

月曜日に起きたら、水曜日の予定は明らかだった。朝から晩までレッスンでいっぱいだった。

月曜日に生徒さんからのメールが届いた。土曜日への日にち変更を依頼したので、勿論応じた。忙しいスケジュールに余裕ができた。

火曜日に職場で生徒さんと打ち合わせして、水曜日から木曜日にレッスンを移した。仕事関係での話し合いもあったので、これで二人ともよりいい状況だった。

火曜日に夜遅く帰ったら、もう一人の生徒さんからキャンセルが入った。急な会議だそうだった。だから、重要なプレゼンの前にレッスンがなるべく多く欲しい生徒さんへメールを送った。「明日がちょっと空いてきた。」

水曜日に起きたら、最後の生徒さんからのメールが届き、またキャンセルだった。医者さんだから、救命な手術などだろうから、拒否するわけにはいかない。それに、メールを送ったのは、ぎりぎり火曜日だったので、当日キャンセル費が生じない。

家で一日だろうと思ったら、火曜日のメールの返事が届いた。夜にインターネット上のレッスンが欲しい、と。応じたら、返事で「ありがとう。また明日」と書いてあった。

急いでまたメールを送って、「最初のメールを送った時、昨日だった。だから、メールの明日は今日だ。今日レッスンできるが、明日できない。」

そして、また11時過ぎたらメール。「あっ、分かった。では、午後3時から東京でどう?」

結局そのままになった。

今まで一番混乱になった日だろう。もちろん、生徒さんのせいではない。偶然に一日に重ね合っただけだが、計画が役に立たない一日になった。

『英語指導にロジックを』の講演

「英語指導にロジックを」と書いてある看板に講師の名前も書いてある。
話を裏付ける証拠
昨日の夕方、市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷で日本論理検定協会と森上研究所が共催した講演で英語教育の中のロジックの役割について講演した。対象は高校の先生だったが、私立学校から20名以上が集まってくれた。講演は有料だったので、それほど関心をいただいて嬉しい。

講師は四人いた。二人は私の英語の生徒さんで、大学の現場や入学試験で英語の中のロジックの役割を説明した。もう一人はテンプル大学日本校の副学長で、国際的な大学教育のなかでロジックの重要性を紹介した。そして、私がより具体的な話をした。やはり、実用の証言があって心強かった。

私の話の内容を完全に披露したら上司に叱られるので、ちょっとだけ紹介する。話の主旨は、ロジックは英語のコミュニケーションの必要不可欠の一部であることだった。単語と文法と同じような重要性を持っていると述べた。ロジックが完璧であったら、文法や言葉遣いのミスがコミュニケーションの支障にならないと思う。確かに文法や単語が最低限を満たなければ、その言語でコミュニケーションはできないが、そのレベルは驚くほど低い。必要なロジックもそれほど多くないと思う。だから、比較的に短い講座で、役に立つ技能が習える。

ちょっと強調した点は、ネイティブの英語に迷わせられないこと。グローバル化の社会で、英語で話す相手はネイティブではない場合も多いし、ネイティブの表現は必ずしもコミュニケーションにはいいとは限らないので、意味を伝える為の技能はネイティブらしい話し方より遥かに重要だ。

もちろん、ネイティブのような英語の憧れがよく分かる。私も、ネイティブのような日本語ができるようになったら嬉しい限りだ。しかし、数年間、十数年間の勉強や練習が必要になるので、その前の段階でコミュニケーション力のほうが重要だと思う。特に、高校でネイティブ並みになる筈はないので、英語を使いこなせるようになる目標のほうが相応しいと思う。

感想のアンケートがあったが、わざと読まないことにした。明日、またオフィスに言ったら読む。8時半ぐらい終わったので、もう帰って寝たかったし、ちゃんと考える力もなかった。明日読んでも、充分次回の講演に参考になる。だから、成功だったかどうか分からないが、少なくとも著しい失敗はなかったので、無事に終わったと言える。

部会の最後

日曜日の代表者会議は部会の最後だった。もう一回集まるが、それは全体会議のみだ。皆で部会で決まった提言案を審議する場になるので、部会の仕事がここで終わった。部会長の役割にはもう少しが残るが、それは正副委員長部会長会議で修正された提言案を確認するぐらいだと思う。

最後の社会生活部会会議で提言案を二つあったので、審議する内容は少なかった。だから、たっぷり時間を取って、言いたいことを言うことができたと思う。結局ちょっと修正したが、文字通りの協議だった。他のテーマを提唱したメンバーもいるが、選んだテーマと真剣に取り組んでくれて、部会で言いたかったことが提言に忠実に伝わるように頑張った。部会のメンバーが本当にこの二年間よく協力してくれたので、部会長として大変有難いことだ。

年金の提言案で、理由のところで国際化の加速についてちょっと強く書くことや、社会保障協定が締結していない国の出身者にも配慮すべきことも明記するぐらいだった。年金の問題で、市が国に働きかけることになるので、なるべく説得力がある内容にしたほうがいいと思った。

調査の方で、調査の目標は外国人市民の全体図を正確に把握することであるとよりはっきりするように修正したり、ちょっと後で専門家と一緒に詳細を決める時に支障になりがちな表現を削除したりしたが、結果には満足だった。

そして、教育文化部会だ非公式で集まって審議を進めたそうだから、その部会も日曜日早めに審議を終えられた。時間外で集まって、審議の完成に努めるのは本当に偉いと思うので、ちょっと感動した。その結果、次回の全体会議で問題なく任務を果たすと思う。

ところで、会場で次回の第二次選考についての書類をもらったが、面接の前に43号のニュースレターを読んでくださいと書いてある。

編集実行委員会の委員長で、内容はもう馴染みだ。