商品に対する責任

昨日会社の廃棄物に対する責任についての投稿にしたが、廃棄物だけではなく商品もあるし、商品から被害が発生する場合もあるので、その場合どうすればいいのだろう。同じように会社の責任にするのは簡単だが、不公平だろう。

なぜなら、商品を買った人には、商品の所有という利益がある。お金より商品が欲しいので、交換したからだ。だから、商品を買った人にも商品の利益が及んだので、利益も損害も同じ人に付くようにする方針であれば、消費者にも責任があると言える。しかし、責任分担はちょっと難しい。

極端のケースを考えたら、原則がちょっと見えてくる。消費者が商品を用途の通りに使って、そして広告された、または誰でも予想できる結果が発生する場合、その結果は消費者に好ましくなくても会社が責任を一切背負わなくてもいい。例えば、車に乗って、わざと壁に打っ付かったら、車の製造販売者には責任はない。車が走るのは本能だし。

同じように、全く予想外な使い方で損害が発生したら、それも使用者の責任になる。例えば本で人を殴ったら、本の作者や出版社には責任はない。

一方、普通の使い方で予想できない損害が発生すれば、それは企業の責任になるだろう。例えば、パソコンの画面からの放射線で癌が発生したら、それは製造会社の責任になる。

しかし、問題になるのは予想される副作用だ。例えば、車で交通事故が起こるのは当然だが、車を製造した会社には責任はないのか。同じように、テレビゲームで健康が崩れることも予想されるが、テレビゲームの会社にはどのような責任があるのだろうか。現在の制度で、会社の責任ではないが、それは妥当であるかどうか疑う。ある結果が出ることを確実に予想できれば、その結果に対する責任があると思う。勿論、全面的な責任ではない。テレビゲームで運動不足になるのは、遊んでいる人の意志とも関わるので、会社が多くても責任の一部を背負う。でも、その一部を背負った方がいいだろう。

このような場合、製造側が問題が発生しないように努力すれば、責任の軽減になるべきと思う。例えば、テレビゲームで、一時間遊んだら一時停止になる制度があれば、運動不足や寝不足の責任は認めない。勿論個人の責任もあるが、会社も問題の軽減に努めるべきと私は思う。

この発想の基盤になる概念は次の通りだ。人が自由に決めるのはいい。ただし、そうする為に決断の結果の利益も損害も自分で背負う必要がある。利益を譲って上げてもいいし、他の人が自発的に損害を背負ってくれてもいいが、損害を人に強引に付けることは許されない。自分の決断の責任を自分で背負うのは基本だから、その原則を企業にも当てる結果として、このような制度になる。

会社の責任

最近環境問題が注目されるのは周知の通りだ。特に二酸化炭素の排出量で地球の気候が変わってしまう現象が問題視され、解決策を模索する会議は多い。だが、一律の規則を課すには問題があるとよく言われるし、市場の自由を縛るとも警告される。だから、ちょっと違う政策を提案したい。

それは、会社の関係者には廃棄物の影響の責任を負わせることだ。環境に排出されたもの(それとも吸収されたものが欠けること)の影響を賠償する責任には基本的に制限を置かないことだ。排出した時にこの悪影響は想像さえされなくても、責任を負わせる。それは、利益が会社側に流れるので、損害も負うべきだからだ。それに、企業という法人に責任を限れば、お金持ちの経営陣には責任はない。更迭されても、もう富裕層だから特に問題にならない。それに、企業に賠償が必要となれば、コスト削減になって、普通の社員を解雇することになりがちだ。

だから、責任が排出された当時の人に課す。社員は、収入から最低賃金を差し引いて、割合を比べて賠償責任を負う。そして、当時の株主も、持ち株に合わせて責任を負う。株主なら、持ち株から得た利益の全額と株そのものを制限にするが、社員や経営陣などの責任の制限は、財産を例えば2000万円まで削ることにする。会社の財産も賄うように使わせる。それでも足りなかったら、税金で補う。なぜなら、成功した企業が社会全体にも利益を与えるからだ。先ず直接に利益を得た人から取るべきだが、社会も責任を負うべきだと思う。

もちろん、割と小さな賠償責任になったら、社員一人ひとりから1円を取るわけにはいかないので、一人当たりの分ぶ最低限を設けて、それに当たらない人を対象から排除して、利益はより多かった人のみから取ることになる。

確かに、廃棄物が大きな問題を起こしたら、会社や関係者にはかなりの負担だが、大きな問題であれば誰かの大きな負担になったので、資本主義や自由の原則として、利益を得た人が背負うべきなのうではないか。

会社がなるべく環境に影響を与えないようにしたら、交渉を許すべきだ。まだ企業の責任だが、賠償より他の対応策のほうがいいかもしれない。

この政策が企業側に大きなリスクを課すが、そのリスクを今の制度で勝手に周りの人に課すので、この制度のほうが公平だ。リスクは少なかったら、保険を組めばいい。(だから、会社の保険で賠償を賄うことを許すのは重要だが、それはずっと前から組んだ保険に限る。)リスクの規模で保険を提供する相手はない場合、そして企業自体が責任を負えない場合、計画を実現するべきではない。

この方針を導入すれば、他の環境規則が不要になるとも言えるが、賠償金で直せない被害もあるので、特に問題になる汚染や公害を抑制するべきだろう。それでも、企業に自分の利害関係でリスクを全面的に考えさせる政策だから、大きな利点があると思う。

予約

人間の中に、予約派と未定派があると言えるだろう。そうすれば、私は思い切り予約派だ。昨日の帰りの新幹線は勿論一ヶ月前の予約だったが、そのお蔭で座れた。旅行もかなり前に予約するが、そのお蔭で真由喜が生まれる前のゴールデンウィークにゆり子と一緒に松島湾を見下ろすホテルに泊まることができた。(それは、一年前に予約を取ったからだったが、私でも極端の例だ。)予約があれば、やりたいことができるのはほぼ確実だ。もちろん、予想外のこともあるが、その場で満席になったことはないし、混んでいる季節でもゆっくりできる。

ただし、予約するには以外に時間がかかる。今朝妹とのチャットをしたが、同じことを言った。予約を三件ぐらい入れることで、もう一日が費やされてしまう、と。今日、私もまた予約したが、本当に思うより時間がかかる。実は、今日電話が繋がらなかった予約先もあったので、時間を費やしてもまだできていない。明日また挑戦する。

それに、全く予約はない場合リラックスできるし、面白いことを見たら予定をその場で変えることもできるので、その魅力も分からなくはない。旅行の中でそのような時間をいつも設ける。一人旅なら、その一日があればいい。

しかし、宿泊の予約や電車の予約は絶対取りたい私だ。

只今

今、ゆり子の実家の名古から帰ってきた。真由喜が最後のバスで寝てしまった。

名古屋で家族と時間を過ごしたが、私が殆ど休んだ。昨日お昼まで寝て、そして出かけずに本を読んだ。今日もお昼を食べに行くぐらいだった。勿論、帰りの新幹線は指定席だったので、ゆっくりできた。ただし、名古屋駅の到着がちょっと遅れたので、地下鉄からホームまでハードだった。

そして、昨日真由喜が初スケートした。ゆり子によると、とても楽しんだそうだ。写真を見たら、本当に楽しそうだった。近所にはスケート場があったらさせるかもうしれないが、残念ながらない。

投稿は短いが、ちょっとゆっくりできてよかった。