祝・6周年

今日を持ちまして、このブログが6周年を迎えた。

だから、今日恒例の祝賀の投稿をする。やはり、毎日新しいネタを考えるのは難しいし、投稿数が2200を超えたら、何回も書いた内容を発想するのはかなり重い。だからこそ、今日のようにあまり考えなくても内容が見つかる日はありがたい。

今も読んでくださる方、誠にありがとうございます。数少ないと言えるが、それは珍しくて貴重だと同じ意味だ。仕事がより忙しくなったが、穏やかになるまで頑張って、このブログを保ちたい。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。